Amazon.co.jp ウィジェット

陶芸初心者のコツ

【手びねり】陶芸のプロが教えるコーヒーカップとソーサーの作り方

投稿日:

コーヒーカップとソーサーの作り方

自宅でコーヒーを楽しむウチカフェ。

コーヒーを飲むときは、コーヒーカップにソーサーのお揃いだと嬉しいものです。

昔は、コーヒーカップとソーサーの容量は同じにしなければならないという決まりがあったようですが、好みとバランスを考えて作りましょう。

(昔は、熱いコーヒーをソーサーに入れて、冷まして飲んでいた説から)

 

手びねりでやるコーヒーカップとソーサーの作り方を紹介します。

 

【手びねり】陶芸のプロが教えるコーヒーカップとソーサーの作り方

 

コーヒーカップの作り方

コーヒーカップとソーサーの作り方

350gでコーヒーカップを作ります。

マグカップは400gで作っていました。

 

コーヒーカップとソーサーの作り方

手ロクロに置いて、荒伸ばし。

湯のみを作る方法とほぼ同じです。

 

コーヒーカップとソーサーの作り方

今回はまっすぐにしています。

広がるたびに、少しずつ縮めましょう。

 

まっすぐ筒型だと冷めにくいコーヒカップ。

広がっている茶碗型なら冷めやすいコーヒーカップ。紅茶にも合いそうです。

 

コーヒーカップとソーサーの作り方

厚みはお好みで。

 

コーヒーカップとソーサーの作り方

乾いたら削り。

柔らかいうちに削りました。高台なしの水が底にたまらない、あっさりタイプ。

削る方法はこちら。

シッタを使った削り方はこちら。

 

コーヒーカップとソーサーの作り方

コーヒーカップの取っ手をヒモで作ります。

粘土のヒモを手で叩いて平らにしただけ。

 

コーヒーカップとソーサーの作り方

接着面はキズ+ドベが必要です。

取れないようにしっかりとなじませましょう。

マグカップの作り方はこちら

 

取っ手の位置が低すぎると、ソーサーに当たってしまいカップが浮いたりつかみにくくなりますので注意!

 

ソーサーの作り方

コーヒーカップとソーサーの作り方

次は、ソーサー作り。

カップと同じ350gにしています。

 

コーヒーカップとソーサーの作り方

手ロクロに置いて叩きましょう。

 

コーヒーカップとソーサーの作り方

手のひらのでっぱりで中心を叩いてへこませます。

 

コーヒーカップとソーサーの作り方

荒伸ばし。

皿の作り方はこちら

 

コーヒーカップとソーサーの作り方

コーヒーカップとソーサーの作り方

コーヒーカップとソーサーの作り方

口を弓でカットして整えています。

四角い皿にすることもできます。

角皿の作り方はこちら。

 

コーヒーカップとソーサーの作り方

電動ロクロと同じやり方で口を外に倒せば、リムを付けることができます。

 

コーヒーカップとソーサーの作り方

コーヒーカップとソーサーの作り方

ソーサーを削って完成。ソーサーはもっと広い方がバランス良さそう。

装飾は自由にどうぞ。

粘土のハンコの作り方

 

暑い時期はコーヒーゼリーにして飲みます。

【コーヒーゼリー】挽きたて淹れたてのコーヒーとアガーで作る・ドロリッチ風コーヒーゼリー

 

レクタングル大




レクタングル大




オススメする陶芸道具

-陶芸初心者のコツ
-

Copyright© 陶工房手嶋 大刀洗町 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.