Amazon.co.jp ウィジェット

「陶芸初心者のコツ」 一覧

湿台(シッタ)を作る方法

陶芸のプロが教える削り方・5分で使える湿台(シッタ)を作る方法

面倒な削り作業。苦手な方も多いかと思います。 削っている途中作品がふっ飛んだり、中心がブレたり、底に穴があいたり。 せっかく作った作品は、削りで失敗しないようにしたいですね。   そこでオス ...

角皿の作り方

【手びねり】陶芸のプロが教える角皿の作り方・ゆがませない方法

角皿です。タタラで作ると高確率で大きくゆがみます。 手びねりで作ったお皿をカットして、四角にするのがオススメです。 同じ料理を盛り付けるにしても、丸いお皿とは違った雰囲気が出せる器。   四 ...

花瓶の作り方

【手びねり】陶芸のプロが教える花瓶の作り方

陶芸で花瓶の作り方を紹介します。花器とも呼びますね。 部屋に自然の花を飾って、こころ豊かな空間を演出しましょう! 紹介する作り方でトックリも作ることができます。   高さ15cmくらいの花瓶 ...

すり鉢の作り方

【手びねり】陶芸のプロが教えるすり鉢の作り方

手びねりのすり鉢です。 ごはん茶碗を作ることができれば作れます。 すり鉢のミゾは、専用のクシが無くてもフツウのクシやギザギザしたもので代用できます。   すり鉢自体が、あまりに軽いとするとき ...

電動ろくろの使い方

陶芸のプロが教える電動ろくろのコツ・面倒な削りのいらない作り方

陶芸は電動ろくろを使うと、手びねりよりも早いスピードで作ることができます。 使い方を覚えると、とても便利な電動ろくろ。しかし、便利な反面困ることもあります。それは削りです。 「削りすぎて器の底に穴があ ...

危険な100均の食器

危険な100均の食器! 陶芸のプロが教える安い器から見を守る方法

100円均一の安い食器は、手軽に買えて便利。でも、気になるのが安全性ですね。 陶芸をやっていると、けっこう危険な金属を材料に使っていることがわかります。 危険な金属のひとつが鉛です。元素記号はPb。 ...

片口の作り方

【陶芸のプロが教える】簡単な片口の作り方

陶工房手嶋 手嶋秀樹です。   お酒やお茶の湯冷まし、めんつゆやドレッシング入れなどに使えるかたくちの作り方を紹介します。 片口は、器の1か所に注ぎ口のついたものです。 食卓のアクセントにい ...

なめし革の使い方

【陶芸のプロが教える】なめし革の使い方

陶工房手嶋 手嶋秀樹です。   陶芸で使う便利な道具のひとつを紹介します。 それは「なめし革」です! 水にぬらしてみるとヌメヌメとした手触り。 手びねりや電動ろくろで器をつくり、口に当たる部 ...

霧吹きの使い方

【陶芸のプロが教える】霧吹きの使い方

陶芸で使う霧吹きの使い方を紹介します。   【陶芸のプロが教える】霧吹きの使い方   L字型の霧吹きの使い方 L字型の金属パイプです。 買ったときは、折りたたんであるので伸ばしてL ...

釉薬を早く混ぜる方法

【陶芸のプロが教える】固まった釉薬を早く混ぜる方法

陶芸でやる作業の中でも、大変な作業のひとつ。 それは、ガチガチに固まった釉薬を混ぜることです。力を入れても、なかなかキレイに混ざりません。 それから、冬は水道の水よりもキンキンに冷えています。指先が痛 ...

Copyright© 陶工房手嶋 大刀洗町 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.