たこ焼きの作り方

陶工房手嶋 手嶋秀樹です。

 

思い出すと食べたくなるたこ焼き。

南部鉄器の鉄板を使って作りました。

 

くっつかない焼き方のコツを紹介します。

 

 

鉄板でおいしいたこ焼きを作るコツ!くっつかない焼き方

 

たこ焼きの材料

 

・たこ焼き粉  100g:お店に普通に売ってます。

・水 400ml だいぶゆるくできます。

・卵 2個

・だし 適量 粉末が簡単。

・たこ 1cm角 16個

天かす 適量 たこ焼きひとつに小さじ1くらい。

・干しエビ トッピングはお好みで。

・ネギ 適量

・ゴマ油 香りが好きなので。

・たこ焼きソース

・マヨネーズ

・かつおぶし

・青のり

 

 

たこ焼きの作り方

 

たこ焼きの作り方

 

鉄板は水洗いしているので、そのままコンロへ。

返しは竹串。テフロン加工はされていないので金属のピックも使えます。

油ひきはキッチンペーパーを使いました。

 

 

 

タネづくり

①タネを作ります。を混ぜて、たこ焼き粉だしを追加、よく混ぜます。

②タネは30分くらい冷蔵庫で保管しましょう。一晩置けば、粉っぽさがなくなります。

③タネは粉が分離して底にたまっているので、よく混ぜましょう。

 

焼きはじめ

①強火で鉄板を温めます。基本的にずっと強火です。煙が出たら、火を弱めましょう。

②鉄板全体にをひきます。たこ焼き穴の底から3割くらい

はじくのでヤケドに注意!

 

③タネを穴の半分の深さまで流し込みます。

④タコ追加、タネの残りを追加、天かすネギ、エビを入れます。

⑤しばらくそのまま。

 

たこ焼きの作り方

たこ焼きの作り方

たこ焼きの作り方

 

焼けてきたら

①穴のさかい目を竹串で縦横に切ります。

②たこ焼きは90度くらい返したらそのまま。穴のまわりのグチャグチャしているところは、押し込みましょう。繰り返します。

③全体的に焼けたら、お皿へ。

たこ焼きソース、マヨネーズ、かつおぶし、青のりをかけてできあがり!

 

たこ焼きの作り方

 

 

たこ焼きを作るコツ!くっつかない焼き方まとめ

 

水は多めでタネを作る。

市販のたこ焼き粉の説明では、水は粉の2倍や3倍です。

この説明通りにつくると団子とか、固いホットケーキっぽくなってイヤなのでシャバシャバのタネです。

大阪風の外カリッ中トロッの食感。

 

天かす必須

脂っこくなりますが大阪風食感を再現するため天かす必須です。

スルメ入り天かすがオススメ。

 

強火で焼く。

強火でないと、外側がカリッとしないような。

 

油は多めに入れる。

油は多めにしないとくっつきます。

 

 

使った南部鉄器のたこ焼き鉄板

南部鉄器です。日本製。2kg以上でけっこう重い。

底は溝がありますが、調理中コンロからずれることはありませんでした。

 

 

 

こちらも南部鉄器をつかっています。

・【たい焼き】南部鉄器でパリパリのたい焼きを作るコツ

 

 

お片づけ

鉄板が冷めたら水洗い。スポンジは破けます。タワシで。

コンロで火にかけて、油を塗ります。

冷めたらベトベト状態で保管。

 

ベタベタなので紙で巻いて、ビニール袋に入れています。

鉄板の裏は、油を塗らないのでサビが。

 

 

ひとりで食べるには、少し多い量のたこ焼きができます。

お店ではなかなか食べられない、焼きたてのたこ焼き。

タコは冷凍して、いつでも作れるようにしています。

 

電気のたこ焼き器とは火力が違いますね。

コンロの強火センサーは消してから使っています。