Amazon.co.jp ウィジェット

日記

簡単なマキの木の増やし方!生垣を安く作る方法

更新日:

陶工房手嶋 手嶋秀樹です。

 

生垣に良く使われるマキの木。

初心者でも簡単に増やすことができます。

春になり新芽が伸びてきたら、ぜひチャレンジしてみましょう。

 

 

さし木で増やす方法

マキの木の新芽の部分をさし木に使います。

ねらい目は濃い緑の葉っぱよりも、新しい黄緑のはっぱです。

古い部分は茎の色が白色です。いかにも木の皮っぽく硬くなっています。

 

緑色の茎から上を使います。

切り口はナナメに切りましょう。

20cmくらい切りました。

切り口に近い部分のはっぱは切り落とします。

はっぱは手でむしらずに、ハサミで切りましょう。

数時間水を吸わせます。

暑い時期、天日に当たりっぱなしのホースからはお湯が出るので、しばらく様子をみましょう。

さっそく地植えしました。

 

10cmほど埋めています。

日当たりが良すぎると元気がなくなるおそれがあります。

はじめは毎日水やりをします。

 

去年、一年間さし木を鉢植えにして試してみました。

数か月間しおれずに、耐えていたようです。

地植えをするために掘り起こしてみたら、根っこが生えていました。

 

日当たりが心配なら鉢植えをオススメします。

私は、しばらく木の陰に置いていました。

 

高価なマキの木

数メートルに伸びた一本のマキの木。

高いものでは数十万円で取引されています。

 

目安として1mが2,000円です。

生垣にするのなら数が必要ですね。

さし木は安く増やせて簡単ですが、2mになるまでは数年間かかります。

 

マキの木の生垣

マキは生垣に人気の木です。

 

伸ばすとびっしりと葉っぱが生えて、向こうが見えないくらいになります。

2mくらいの高さにそろえると、良い目隠しにできます。

木なので、フェンスなどよりも自然な感じです。

 

ある程度大きく育つと、広がるように枝が伸びてきます。

玉がふたつつながった甘みのある、マキの実もつきます。

剪定は夏から秋にかけて行いましょう。

 

剪定は密集しすぎた葉っぱ、枝を落とすだけです。

剪定は私の好きな作業で、意外と熱中します。

 

また、一度地面に木を植えたら簡単には動かせません。

枯れるおそれがあります。

 

うまく根付いたら、あとはどんどん成長していきます。

植えるまえに、大きく成長したところをイメージしながら、木と木の間隔を調整してください。

 

マキの木のその後

いきなり地植えにしたため、少し枯れてきました。

植木鉢を用意して木陰に置いています。

マキの木の育て方

 

 

 

面倒なフィルター掃除は不要!粘土の粉も無限に吸えるサイクロン掃除機を作る方法

陶芸のプロが教えるうまく見せるコツ・陶芸初心者からはじめる作りやすい作品

 

 

レクタングル大




レクタングル大




-日記
-, ,

Copyright© 陶工房手嶋 大刀洗町 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.