Amazon.co.jp ウィジェット

陶芸初心者のコツ

【手びねり】陶芸のプロが教えるお皿の作り方!粘土の玉とヒモで作る方法

投稿日:

お皿の作り方

20cmくらいの広めのお皿。

カレーやパスタ、ちょっとした取り皿に使えるサイズです。

今回は、手びねりの玉作りヒモ作りで紹介します。

 

 

【手びねり】陶芸のプロが教えるお皿の作り方!粘土の玉とヒモで作る方法

お皿の作り方

粘土の量はお好みでどうぞ。とりあえず700gで。

叩いてまん丸にします。

 

お皿の作り方

直径22cmの手ロクロを使います。粘土の玉を叩いて平たくしましょう。

円に合わせたほうがキレイな形に仕上がります。

 

お皿の作り方

手のひらのデッパリでバシバシ叩きます。ゆっくりと回転させながら叩くとベスト!

このときに表面があまりデコボコにならないように注意!

コツは、いっぺんに強く叩かないことです。

 

お皿の作り方

粘土の厚みは1cm以上あった方が安全です。

横から見て平らならいいでしょう。

わかりにくいですが、中心が少しだけ盛り上がった形になっています。

お皿は焼くと中心が下に落ちるため

 

お皿の作り方

ヒモを作ります。

机の上を湿らせましょう。こうしないとヒモの粘土にヒビが入ります。

 

お皿の作り方

適当にちぎった粘土を細長くして置きます。

 

お皿の作り方

コロコロ転がして細長くします。余計な力はいりません。

1回転以上回るように転がすとキレイな丸になります。

慣れないうちはゆっくりとやりましょう。

 

ヒモの太さは1.5cmくらいです。

 

お皿の作り方

皿の直径の三倍くらいまで伸ばして、端は指でちぎります。

 

お皿の作り方

接着する部分にキズを入れます。

 

お皿の作り方

ヒモは軽くねじりながらくっつけています。

 

お皿の作り方

はじめに内側からくっつけています。

指跡が目立っていますね。

 

お皿の作り方

粘土を伸ばしてシワ、溝をならして消しましょう。

 

お皿の作り方

内側も同じです。

 

お皿の作り方

くっつきました。

もっと高さがほしいときは、同じやり方でヒモを追加。

 

お皿の作り方

いつものように、ひたすら伸ばします。

 

お皿の作り方

たまに中心にそろえたり。

 

お皿の作り方

厚さはや角度はお好みで。

 

お皿の作り方

砂袋で叩くと表面が滑らかになります。

 

お皿の作り方

直径22cmくらい。焼くと縮むので19cmくらいになりそうです。

 

お皿の作り方

口はカットしました。

幅が広いのでズレやすいです。しっかりと弓を持ちましょう。

手びねりらしさを残したいときは、そのまま仕上げます。

 

お皿の作り方

角を押さえて丸くします。

 

お皿の作り方

なめし革で滑らかな口に。

大きなお皿を切り離すときは、非常にがいります。

ワイヤーが底からズレないように注意してください。

 

すぐにお皿を持ち上げるとグニャッと曲がるので、しばらくそのまま置いておきましょう。

 

お皿の作り方

乾かしてから、内側の形に合わせて削ります。

 

お皿の作り方

横と底を浅めに削り。

高台を付けてもいいでしょう。

 

お皿の作り方

画像はイメージです。右のお皿は電動ロクロでつくったもの。

 

この方法はタタラ作りよりも歪みにくいのでオススメです。

 

粘土の量を増やせばもっと大きいサイズになりますが、ロクロのサイズギリギリになると非常に作りにくいです。

手ロクロの上に粘土を付けて、広めの板をくっつければ作りやすくなります。

 

レクタングル大




レクタングル大




オススメする陶芸道具

-陶芸初心者のコツ
-,

Copyright© 陶工房手嶋 大刀洗町 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.