Amazon.co.jp ウィジェット

陶芸初心者のコツ

【手びねり】陶芸のプロが教えるシンプルデザインのマグカップの作り方

更新日:

マグカップの作り方

イタリアワイン通信講座

陶工房手嶋 手嶋秀樹です。

 

シンプルデザインのマグカップの作り方を紹介します。

 

見た目は、大きめの湯呑みです。

粘土の量が増えると、難しくなってきます。落ち着いて少しずつ、伸ばしていきましょう。

 

動画でよくわからない部分は、下の画像をご覧ください。

 

【手びねり】陶芸のプロが教えるシンプルデザインのマグカップの作り方

 

目次

・マグカップの本体の作り方

・マグカップの取っ手の付け方

 



 

マグカップの本体の作り方

 

基本的な作り方は、湯呑みとおなじです。

粘土は350gにしています。

 

マグカップの作り方

粘土を叩いて丸くします。

丸くなった粘土を手ろくろの中心に向かって叩きましょう。

穴あけと底を作ります。

 

底の厚みは1.5cmくらいほしいですね。高台無しなら、5mmくらいでいけます。

 

マグカップの作り方

底を広げたところで、口がとんがっています。指で叩くようにして丸くします。

底は指でトントンと叩きます。

爪あとがついたり、デコボコになっていたらその都度やりましょう。

 

はじめのうちは、おおざっぱに伸ばします。これが荒伸ばしです。

広がりすぎたら両手で縮めます。

 

マグカップの作り方

おおざっぱに伸ばした後は、細かく伸ばしましょう。

一段ずつ、一周ずつ同じ力で。

 

粘土の量が増えてくると背が高くなる。ということは、だんだん指が奥まで届かなくなりますね。

底から立ち上がり部分は、早いうちに仕上げるようなつもりでしっかりと伸ばしておきます。

 

一周ずつ伸ばしつつ、たまにバランスを確認。

 

手ろくろをガッとつかんで、勢いよく回せば作品のブレがわかります。

口はある程度の厚みを保ったままにします。つぶして薄っぺらにならないように。

 

マグカップの作り方

ガタガタな口を弓でカット。ちょこちょこ左手で回しています。

口が角ばったので、押さえて整えましょう。

 

マグカップの作り方

なめし革で口をキレイに。

針でワイヤーの通り道を彫ります。底にワイヤーをビタッと当ててカット。

ワイヤーがずれて浮いてしまうと、底がナナメになり削りの難易度が上がります。

 

ワイヤーが指に食い込む痛みをガマンして持ってます。

両手チョキで作品移動。

 

次は取っ手を作ります。

 

 

マグカップの取っ手の付け方

 

簡単にできる帯状の取っ手です。タタラ板があると便利。

同じ本体でも取っ手のデザイン次第で、だいぶ雰囲気が変わります。

マグカップの作り方

タタラをモノサシにしてまっすぐカット。

グルッと巻いて輪っかにしています。

取っ手に親指置きも追加。

 

マグカップの作り方

本体と取っ手を先に作って乾燥させています。

その後、高台削り。

乾きすぎるとヒビになったり、取っ手がとれる原因になるのでタイミングが大切です。

 

接着部分は、キズ+ドベ もしくは水をつけます。

取っ手と本体を合わせて、バランスを確認。

 

マグカップの作り方

シンプルなマグカップができました。

 

今回は手びねりでマグカップを作りました。

他にも【タタラ】陶芸のプロが教えるマグカップの作り方!型で簡単オリジナルのマグカップを紹介しています。

参考にどうぞ!

 

まとめ

・同じ力で、一段ずつ一周ずつ伸ばす

・粘土の量を減らして試してみる

・たまにバランスとブレを確認する

 

 

オススメのろくろ



レクタングル大




レクタングル大




-陶芸初心者のコツ
-, , ,

Copyright© 陶工房手嶋 大刀洗町 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.