陶芸に使う掃除道具で必須なものの1つにヘラがあります。

特にお好み焼きのヘラゴムベラです。

 

木の机や板の上はお好み焼きのヘラで剥がす

陶芸は、まず机の上で粘土を練ります。

土練りをしたことがある方はイメージしやすいでしょう。

粘土がやわらかいと特にベッタリと机に張りつきます。

 

この張りついた粘土を剥がすのに、ヘラを使います。

以前はパン用などキッチン用ステンレスのスケッパーを利用していましたが、柄付きのヘラのほうが力が入れやすく便利。

 

特に電動ロクロで作ったものは、水分の多く含んでおりベチャベチャ

ヘラのおかげでとてもラクに粘土剥がしができるようになりました。

タワシなども柄つきタイプがありますが、しっかりと掴むことができます。

 

料理に使わない「ヘラ」がありましたら、ぜひお試しください。

その他、ピーラーや包丁、麺棒など調理用の道具は陶芸にも活躍します。

 

手回しロクロの上はゴムベラを使おう

 

手回しろくろと道具

手回しロクロに張りついた粘土を剥がすときに金属ヘラをつかうと天板はキズだらけ!

やわらかいゴムベラを使いましょう。

 

電動ロクロについた粘土剥がしは木べらでやってます。

 

陶芸のプロが教える手回しロクロを分解・修理する方法