Amazon.co.jp ウィジェット

陶芸初心者のコツ

【タタラ】陶芸のプロが教えるお皿の作り方!型とタタラで簡単に作れるプレート

更新日:

お皿の作り方

陶工房手嶋 手嶋秀樹です。

 

身近なものを型に使ったお皿の作り方を紹介します。

底の平らな部分が広いタイプの、シンプルなプレートですね。

今回はボウルを型に使います。

 



 

型とタタラを使ったお皿の作り方

タタラを用意

次のリンクでタタラの作り方を紹介しています。

 

 

タタラの型を選ぶ

型になる道具を選びます。

複雑なへこみが無ければフライパン・鍋・ボウル・市販のお皿などなんでも使えます。

オリジナルにこだわるなら石こう型・粘土型を作りましょう。

発泡スチロール、スタイロフォームなどの断熱材も使えます。

 

手で持ち上げるので、なるべく軽いものがオススメです。

 

お皿の作り方

大きめのボウルです。直径50cmくらい。

ボウルの底、外側を型にします。

 

お皿の作り方

お皿の作り方

手ろくろの上に、その上にボウルをひっくり返しています。

なるべく中心に合わせましょう。

こういうときは、大きめの手ろくろがあるとバランスよくのせられます。

 

お皿の作り方

ボウルに直接タタラをのせると、くっついて取れません。

綿の布をかぶせています。

布のかわりに片栗粉をまぶしてもいいです。

 

布のシワはなるべくのばしましょう。粘土の表面にシワがハッキリとうつります。

 

お皿の作り方

タタラをそっと持ち上げて、中心へ。

このタタラの厚みは5mmです。

 

お皿の作り方

タタラの上に布をのせています。

型にしっかりと、なじませましょう。手のヒラで何度もこするような感じです。

あまり強い力でギュッとやると、その部分だけうすくなります。

 

お皿の作り方

布をそーっと外します。

 

お皿の作り方

全体に布の模様が付いていました。

荒い麻布を使えば、荒めの模様ができます。

 

お皿の作り方

キレイな円にしたいので、高さを合わせてラインをひきます。

トースカン便利ですね。

 

 

お皿の作り方

ラインに合わせてカット。手をしっかりと固定させましょう。

 

お皿の作り方

切り口をなでて、丸くしました。

 

お皿の作り方

このままひっくり返すと、重力でお皿のフチがぐにゃーっと下がります。

粘土のヒモで支えましょう。

板をのせてから、ヒモの太さと位置を測ります。

 

ヒモが太すぎると、お皿が浮いてしまいます。

ヒモが細すぎると意味がありません。

 

お皿の作り方

粘土のヒモを一周させました。

 

お皿の作り方

紙をのせます。新聞紙が便利です。

板に直接お皿をのせると、乾くまで動かせません。

紙を引っ張ることで、他の板に移動させることができます。

 

お皿の作り方

上から板を。

 

お皿の作り方

板・ボウル・お皿・布を両手で持って、一気にひっくり返します。

ここで重い型を使っていると空中分解しがち。

 

お皿の作り方

無事に着地。

 

お皿の作り方

お皿の作り方

お皿はまだやわらかい状態です。

しばらくの間、乾燥させてから口を整えましょう。

急乾燥は、ゆがみの原因になるのでじっくり待ちます。

 

石こうボードの上にのせて乾燥させると、反りが少ないです。

 

お皿の作り方

底が浮いてきたので、押さえています。これにより底のカタつきを防止。

逆さまにして乾かしたり、底を削ったり。

ここからキレイにするのは気を使います。

 

紹介したものはシンプルなプレートです。

画像のプレートで直径25cmでした。焼いたら、23cmくらいになるでしょう。

 

 

 

まとめ

・型にしっかりと、なじませる

・乾燥に気をつかう

 

 

遊び・体験予約ならじゃらん にて、陶工房手嶋の陶芸体験の紹介を載せております。

ぜひご利用ください。また、陶芸以外にも様々な楽しい体験が待っています!

陶工房手嶋の一日陶芸体験コースでは、ブログ以上に詳しく作っていきたいと思います!(手びねり・電動ろくろができます)

 

 

陶芸のプロが教える豆皿を作る方法・オススメの手びねり

【手びねり】陶芸のプロが教えるシンプルな箸置きを作る方法・長方形

陶芸のプロが教えるうまく見せるコツ・陶芸初心者からはじめる作りやすい作品

 

 

レクタングル大




レクタングル大




-陶芸初心者のコツ
-, , ,

Copyright© 陶工房手嶋 大刀洗町 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.