植木鉢の作り方

ホームセンターでみかける植木鉢。素焼きタイプが一般的ですが、もっと丈夫な植木鉢を作ることができます。

本焼きまでやるので見た目も華やかに!

水はけを良くするために、高台をつけて穴をあけています。

 

植木鉢の作り方

陶芸体験でよく使うサイズの1kgで作ります。

焼き上がると幅と高さ10cm厚さ1cmくらいの植木鉢に。

 

植木鉢の作り方

手回しロクロに置いて、中心を手のひらでバンバン叩きます。

底は2cm残しました。

 

植木鉢の作り方

ちょこちょこつまんで荒のばし。

 

植木鉢の作り方

少しずつ高く。フチの厚さをキープしたまま。

フチはあんまり触らない。

 

広がりすぎたら両手でつまんで戻しましょう。マグカップや湯のみを作ったときとやり方は同じです。

 

植木鉢の作り方

さらにのばします。同じ高さを一周やったらちょっと上の段に。

 

植木鉢の作り方

同じ厚さにそろったらのばすのは終わり。

 

植木鉢の作り方

丸くしたいのでふくらませます。

 

植木鉢の作り方

口は内側へ。

胴体は中から外へ押します。

 

植木鉢の作り方

口の形を整えて完成。

 

植木鉢の作り方

四角形など角のあるタイプがよければここから変形。

 

植木鉢の作り方

ワイヤーで切り離して乾燥。冬なので次の日に削りました。

 

植木鉢の作り方

逆さにしてフチをザクザク削ります。今回は竹ベラで。

 

植木鉢の作り方

厚めの高台です。中を削ってから、ポンスで穴あけ。

 

植木鉢の作り方

穴はお好みのサイズに。穴の裏側はバリが残るので整えましょう。

 

植木鉢の作り方

数カ所を削り取って溝をつくり完成です。

次は、付け高台タイプ。底の厚さギリギリで、あまり削ることができないときにどうぞ。

 

植木鉢の作り方

引っかいてキズをいれて、粘土ひもを付けます。ねじりつけました。

 

植木鉢の作り方

粘土ひもと本体の境目をヘラでならします。

しばらく乾かしてから削って溝をつけました。

 

植木鉢の作り方

机でトントンと叩いて高台の座りを良くしてから乾燥。

手びねりらしい植木鉢になりました。丁寧にやれば手あとはなめらかに。

同じテンポで押せばキレイに仕上がります。

 

中と底には釉薬をつけないで水はけ良くしましょう。

 

陶芸体験の場合1kgの粘土はかなり大きなサイズです。

まずは手のひらサイズで練習するとコツがつかめます。

 

陶工房手嶋 手嶋秀樹