Amazon.co.jp ウィジェット

陶芸初心者のコツ

陶芸のプロが教える簡単な什器の作り方・展示に使えるテキーラレッグと板を使った飾り棚

更新日:

陶工房手嶋 手嶋秀樹です。

 

展示に使える什器の作り方を紹介します。

テキーラレッグを使って組み立て、分解の簡単な飾り棚を作りました。

 

食器など、少し重いものを展示する際に利用できます。

テキーラレッグは、もともとキャンプ用のイスとして使うみたいですね。

試しに完成した棚の上に座ってみましたが、しっかりとしていました。

 

高さが70cmくらいの机の上に置くとちょうど良いです。

安い板を高価そうな板に変える

使った板は1×4(ワンバイフォー)・約2cm×9cm×180cmの安いものです。

反っていない板を選びましょう。

 

必要な長さに切ります。

ホームセンターでは切ってもらえますね。

 

表面がガサガサしていて、バリで怪我をしそうだったのでランダムサンダーとヤスリできれいにしました。

防塵マスクと安全ゴーグルが要ります。


水性のステインです。

板の色を変えるだけじゃなくて、カビに強くなります。

 

ニオイが少ないタイプですが、屋外か換気の良い部屋でないと気分が悪くなります。

手袋をつけて、布を使います。

二度塗りをするので、一度目はムラがあっても気にせずに塗っていきます。

すり込む感じです。

 

板がガサガサしていると、ステインは延びません。

お餅みたいに粘り気が強いです。

3時間くらい乾燥させます。

二度塗りした後は、同じように乾燥させます。

現金がどんどん貯まるオンラインモール

普通に組み立ててみる

床に寝かせた状態で組み立てます。

分解も同じようにやるとラクです。

テキーラレッグに板を差し込みます。

片方の枠に6枚の板を差し込みました。

枠の中は少しスキマがあります。

もう片方の枠にも差し込みましょう。

下の板から順番にやるとスムーズにできます。

左右の間隔、角度は同じくらいにしましょう。

試しに座ってみました。

試しに粘土を積んでみました。

重さは60kgですが大丈夫みたいですね。

 

板の長さは90cmです。

長くても120cmくらいがいいでしょう。


アレンジしてみる

もっと長い板がのせられるように、簡単なアレンジをしました。

テキーラレッグを2本一組にして、結束バンドで繋ぎます。

3ヵ所繋ぎました。

テキーラレッグ6本と長さ180cmの板を使って、もっと長い什器を作りたいと考えています。
後日ワックスを塗りました。

濃い茶色(ウォルナット)です。

こっちのほうがキレイ!

 

アイアンレッグを自分で作れると、高さも自由にできそうですね。

 

白いドットのマグカップ

白釉マグカップ

レクタングル大




レクタングル大




-陶芸初心者のコツ
-, , , , ,

Copyright© 陶工房手嶋 大刀洗町 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.