お得な技法書

陶工房手嶋 手嶋秀樹です。

 

陶芸のプロになるためにお得な陶芸の本を紹介します。

技法書といっても文章ばかりの眠くなるような本ではありません。

紹介する2冊の本は実際に購入したものです。

 

もちろんプロを目指していなくても、よりうまく作れるような助けになります。

 

 

陶芸のプロになれるおすすめの本!陶芸のプロが教えるお得な技法書

 

陶芸のプロになれるおすすめの本7選!陶芸のプロが教える絶対に必要な技法書

前回紹介した本よりも読みやすい本です。

 

目次

・陶芸を学ぶ(1)・陶芸を学ぶ(2)

・土練りも載っているんですが

 

 

 

陶芸を学ぶ(1)・陶芸を学ぶ(2)

 

 

陶芸を学ぶ

編集:京都造形芸術大学

 

陶芸を学ぶ1と2です。

 

手びねり、タタラ、電動ろくろと様々な技法が紹介されています。

私の過去の記事陶芸のプロが教える湯のみを作る方法・手びねり

のように詳しい手順の説明と画像が載っていました。

 

これほど初心者にわかりやすく、多くの技法が載っている技法書はないでしょう。

はじめは、この2冊だけでいいんじゃないかなと思う内容でした。

陶芸の技法書、特にどれを読んだらいいかわからない方にオススメします。

 

新品の本だと5,000円と7,000円。大型の本なので価格お高めですね。

それに重い。

作品ですが食器だけじゃありません。オブジェの作り方もあります。

 

中には人間国宝の言葉も紹介されていて、ものづくりに対して考えさせられます。

他に、陶芸本で有名な炎芸術、陶磁郎に常連の作家の技法も。

 

陶芸するなら「ろくろ」はコレ!

・陶芸のプロが教えるろくろの選び方・オススメのろくろ5選

 

 

土練りも載っているんですが

 

陶芸を学ぶには土練りも載ってます。

けれども、土練りを全く習っていない初心者の方には、ちょっと説明とページが足りないような。

この本を読んだだけで土練りができるようになるのか、といえば「うーん、無理でしょうね」と答えます。

 

詳しい土練りの説明がなされている本は、まだ見たことがありません。

動画もおなじです。

私も、youtube動画をいくつか上げていますが、良い土練りの動画は一回も見たことがありません。

 

「土練り 大事なんですけどね」

 

なんとなく感じをつかむのにはよさそうですね。

それから、やきものなんですが焼き方などはあまり詳しく載ってません。

 

焼き方については、前回紹介したこちらがおすすめです。

 

専門書、技法書って初版から年数経ってる割に安くならない。

それならさっさと買ってしまうか、と考えて買ってます。

古本屋に行ったからといって、欲しい本を見つけた試しがありません。

 

もし、出会ったときは非常に幸運ですね。

 

 

遊び・体験予約ならじゃらん にて、陶工房手嶋の陶芸体験の紹介を載せております。

ぜひご利用ください。また、陶芸以外にも様々な楽しい体験が待っています!

陶工房手嶋の一日陶芸体験コースでは、ブログ以上に詳しく作っていきたいと思います!(手びねり・電動ろくろができます)

 

 

陶工房手嶋 手嶋秀樹

福岡県三井郡大刀洗町大字冨多2117-1

電話:0942-77-2652

メール:toukoubouteshima@circus.ocn.ne.jp