Amazon.co.jp ウィジェット

陶芸初心者のコツ

陶芸のプロが教える湯のみを作る方法・手びねり

更新日:

湯のみを作る方法

 

陶工房手嶋 手嶋秀樹です。

 

手びねりで湯のみを作る方法を、詳しく紹介します。

今回は、丸い玉から湯のみの形になるまで、順番に載せています。

 

陶芸体験でいきなりプロなみに作って、驚かせましょう!

湯のみを作る方法

 

手びねりで湯のみを作る方法と手順

 

湯のみの作り方

 

湯のみを作る方法

今回は200gで作ります。

玉から作るので玉作りです。

粘土を量ります。

 

 

重さを量るメリットは、作品の大きさを調節するための目安になるからです。

同じ重さの粘土を使って、いくつか作ると同じくらいの大きさに仕上がります。

 

 

粘土にぎるように丸くすると中に空気が入ります。

空気は破裂の原因になるので叩いて丸くしましょう。

ハンバーグを作るのに似ています。

 

湯のみを作る方法

ろくろのまん中に置きます。

 

湯のみを作る方法

両手のひらで、ろくろのまん中に向かって叩きましょう。

すぐに外れないように、くっつけます。

三角コーンのイメージですが、丸い感じにします。

 

湯のみを作る方法

親指のハラで少しずつ穴をあけます。

指先で一気にズボッとやっちゃダメです。

厚みがバラバラになります。

 

ろくろを少しずつ回しながら、やっていきましょう。

左手を使っているので、ろくろは左回り(半時計回り)です。

慣れると片手で粘土をのばすだけで、自然にろくろが回ります。

 

湯のみを作る方法

ゆるやかな、くぼみができました。

 

湯のみを作る方法

希望する底の広さにします。親指で押しています。

 

湯のみを作る方法

中指をのばしてろくろにくっつけています。

こうすることで穴が深くなりすぎるのを防いでいます。

 

湯のみを作る方法

右手でのばしています。親指は外側。

ろくろは左回り(半時計回り)となっています。

 

はじめは荒のばしです。強めにのばしていきましょう。

右手と左手は交互にやっています。疲れるからです。

どちらの手でのばしても構いません。

 

湯のみを作る方法

荒延ばしを2周しました。

このときに口の部分が薄くならないようにしましょう。

口よりも下までをのばします。

 

湯のみを作る方法

さらにのばしていきます。

荒のばしが終わったら、本のばしです。

軽い力で押します。

 

湯のみを作る方法

湯のみを作る方法

広がり過ぎたら両手で少しずつ縮めます。

このときも一周しましょう。

時間がかかったり、一気にやるとヒビが目立ってきます。

 

画像の粘土は少し乾燥しているようです。

ヒビが入ってきていますね。

 

湯のみを作る方法

下の方から1周ずつのばしています。

これは、上の方からのばしてしまうと底に指が届かなくなるからです。

親指の角度は、横からみたときに45度くらいでやっています。

 

湯のみを作る方法

だいぶのびました。

ここでも口がペラペラにならないようにします。

 

湯のみを作る方法

底は指先でトントンと叩きます。爪のあとが付いていました。

爪が長いと、けっこうキズがつきます。

短く切っておくのがオススメです。

 

湯のみを作る方法

背が高くなりました!

しっかりとのばした後に、口も薄くしています。

ガタガタしている口ですね。

 

ろくろを素早く回すと、ブレてるのが見えました。

左右に揺れます。

 

湯のみを作る方法

弓で切ります。しっかりと支えてブレをおさえます。

左手でゆっくりとろくろを回しましょう。

可能であれば、近くの人にろくろの回転を頼むと簡単です。

 

湯のみを作る方法

弓が粘土に持っていかれないようにします。

ここでブレると予定と違うところが切れます。

よくある失敗ですが、やり直すとどんどん背が低くなります。

 

湯のみを作る方法

1週が過ぎたら切れています。

 

湯のみを作る方法

角があるので押さえましょう。

 

湯のみを作る方法

なめし革でキレイにします。

このときはろくろを勢いよく右回転させています。

市販のなめし革は正方形なので、ハサミで細長く切り取りました。

 

湯のみを作る方法

飲みやすい口にします。

湯のみを作る方法

ワイヤーで切ったらこんな断面でした。

厚みが同じくらいだと、使いやすいです。

持ったときにズシッと重くありません。

 

そんなにペラペラでもないですね。

 

湯のみを作る方法

削ったらこんな感じです。うまい人は電動ろくろでやったように作れるそうです。

粘土を増やすと大きいものができます。

動きのある口が好きな方は、切らずに仕上げましょう。

 

陶芸のを竹と糸で作ったんですが、弦がうまく張れませんでした。

竹ヘラ、ワイヤーなどは作るのが簡単です。

自作が難しいものは、買っています。

 

紹介した作り方は玉づくりです。

ヒモから作る紐づくりも有名ですが、玉づくりをオススメします。

なぜなら、ヒモを作るのが難しいからです。

 

コツをつかまないと、まずガタつきのないヒモが作れません。

ガタガタしたヒモで作れば、ガタガタした作品ができあがります。

 

湯のみの作り方まとめ

・すこしずつのばす

・ブレないように気をつける

・背を高めにつくる

 

オススメの手回しろくろ・電動ろくろ

手まわしロクロです。

大きさや高さ、いろいろなサイズがあります。

 

 

まず手びねりを始めたい方は、低めの手まわしロクロがオススメです。

 

私は直径22cm・高さ5cmくらいの手まわしロクロを使っています。

背の高いロクロの場合、腕を上げたまま作業をすることになるので疲れます。

 

電動ろくろは RK-3D を使っています。

プロも使っているタイプで、家庭用電源で使えます。

 

遊び・体験予約ならじゃらん にて、陶工房手嶋の陶芸体験の紹介を載せております。

ぜひご利用ください。また、陶芸以外にも様々な楽しい体験が待っています!

陶工房手嶋の一日陶芸体験コースでは、ブログ以上に詳しく作っていきたいと思います!(手びねり・電動ろくろができます)

 

レクタングル大




レクタングル大




-陶芸初心者のコツ
-, ,

Copyright© 陶工房手嶋 大刀洗町 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.