Amazon.co.jp ウィジェット

陶芸初心者のコツ

ガタつきのない底を作るコツ・底が平らな器

更新日:

陶工房手嶋 手嶋秀樹です。

 

画像はマグカップです。

置いたときに底がカタカタ鳴ると気になります。

 

底が平らな面だとガタつきやすいです。

作るときに平らでも乾燥するときや、焼いたときにひずみがでてきます。

 

焼いた後にやすりで削るのは大変です。

 

高台のないタイプの器の場合は、粘土が少し乾いた頃に外側からポンポンと叩きましょう。

 

あまり力強く叩くと深くへこみます。

反対側から押して戻しましょう。

乾燥が進んでいるとヒビが入ります。

上の画像だとよくわかりませんね。

水平がわかるように、底にタタラ板を置いています。

こうすることでヘコミ具合がわかります。

 

高台をつけない花瓶の底もこんな感じです。

レクタングル大




レクタングル大




-陶芸初心者のコツ

Copyright© 陶工房手嶋 大刀洗町 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.