Amazon.co.jp ウィジェット

陶芸初心者のコツ

陶芸のプロが教える付け高台を付ける方法

更新日:

陶工房手嶋 手嶋秀樹です。

 

付け高台の付け方を紹介します。

あとからくっつけて作る高台です。

手びねりで作る場合、削りだすのが普通です。

 

付け高台では、背の高い高台を作ることができます。

四角形や三角形のような、ろくろだけではできない形の高台も付けられます。

また「底の厚みに削る余裕がない」というときに役に立ちます。

 

タタラの付け高台

あらかじめ本体を作っておきます。

今回はごはん茶碗です。

高めの高台を付けます。

 

本体と同じくらいの厚みのタタラを用意します。

タタラ板の幅に合わせてカットしています。

 

タタラの作り方をこちらで紹介しています。

 

高台を付ける部分にキズを入れて、水やドベをつけます。

タタラも同じです。

タタラをくっつけていきます。

のせるだけだと、すぐに取れてしまいます。

軽く押し付けつつ、前後左右に動かすような感じにしましょう。

 

一周してつなげます。

はじめは、細いヘラを軽く当ててゆっくり回すとくっつきやすくなります。

電動ろくろで普通にひきます。

 

高台が引っかかって取れないように水をつけましょう。

コテやヘラを当ててつぎめを消します。

 

弓でカットして好みの高さに調節します。

板に置いたら、しばらく逆さのまま乾燥。

 

本体がある程度乾燥していないと、上から押さえたときにへこんでしまうので注意しましょう。

 

レクタングル大




レクタングル大




-陶芸初心者のコツ
-, ,

Copyright© 陶工房手嶋 大刀洗町 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.