Amazon.co.jp ウィジェット

陶芸初心者のコツ

【タタラ】陶芸のプロが教えるマグカップの作り方!型で簡単オリジナルのマグカップ

投稿日:

マグカップの作り方

陶工房手嶋 手嶋秀樹です。

 

型で作るオリジナルマグカップの作り方を紹介します。

 

型で作るメリット

・タタラで作るので、軽くうすくできる

・サイズや形を合わせやすい

・電動ろくろでの作り方に比べて早く乾く

 

タタラ=粘土の板です。



 

 

型で作るオリジナルのマグカップ

 

マグカップの型を用意します

電動ろくろで型を作りました。シンプルで山型のものならなんでも使えます。

作る予定のマグカップよりも、背が高めの型を使いましょう。

手ろくろの中心に型を置きます。

 

マグカップの作り方

マグカップの作り方

 

型に合わせてタタラをカット

型に紙をクルクル巻いて、型紙を作ってからタタラを合わせました。

マグカップの側面と底の部分です。

粘土を筒形に巻くときは、意外と長く取っておかないと端まで届きません。

 

タタラの厚さは5mmにしています。

 

マグカップの作り方

 

次のリンクでタタラの作り方を紹介しています。

 

 

 

パーツを組み立ててマグカップを作ります

 

マグカップの作り方

マグカップの作り方

型に薄い布をかぶせています。

布のシワは気にしません。

もっと伸びる布を使えば、シワが少なくなるでしょう。

 

タタラを巻いて、長さを合わせてカット。

くっつけてなじませています。

 

マグカップの作り方

はみ出しを弓でカット。ブレに注意!

 

マグカップの作り方

底をくっつけます。手のひらで叩いたり、指で押したり。

 

マグカップの作り方

がしっかり出ていると、スッキリとした印象になります。

 

マグカップの作り方

マグカップの作り方

トースカンとナイフでカット。

手がブレなければ、ナイフだけでもできます。

 

マグカップの作り方

マグカップの作り方

マグカップの底に板をのせて、ひっくり返しました。

型の底ですが、削り出して取っ手を作っています。

 

マグカップの作り方

型をそーっと抜きとってから、布をはがします。

粘土が柔らかいので、形が変わらないように注意しましょう。

いまの状態で、両手で持ち上げて移動させることもできます。

 

マグカップの作り方

口を整えます。

布のシワ跡にドベを塗ってくぼみをならしています。

 

マグカップの作り方

少し乾いてから、底をポンポンと軽く叩いてへこませます。

これで座りが安定。

これを忘れると、置いたときにカタカタします。

 

マグカップの作り方

取っ手をつけて完成。取っ手もタタラです。

底はまったく削っていません。

マグカップができました。

 

マグカップの作り方

タタラの厚さの違いで、できあがりも変わってきます。

上の画像左5mm、右3mm。

3mmだとプラスチック製みたいに軽いです。

5mmでも軽く感じます。

 

型で作る陶芸

型のなかでも土型を使ったやり方でした。

土型を素焼きしたら、素焼き型として使うことができます。

素焼き型の場合、粘土を直接くっつけます。

 

素焼き型は、水分を吸いますが石こうのようにスムーズには外れません。

型とタタラの間に、片栗粉をまぶしておきましょう。

 

 

まとめ

・型に張るタタラは大きめにカットしておく

・型でつくった形がくずれないようにする

 

 

 

遊び・体験予約ならじゃらん にて、陶工房手嶋の陶芸体験の紹介を載せております。

ぜひご利用ください。また、陶芸以外にも様々な楽しい体験が待っています!

陶工房手嶋の一日陶芸体験コースでは、ブログ以上に詳しく作っていきたいと思います!(手びねり・電動ろくろができます)

 

 

陶芸のプロが教えるうまく見せるコツ・陶芸初心者からはじめる作りやすい作品

陶芸のプロが教える湯のみを作る方法・手びねり

【タタラ】陶芸のプロが教えるお皿の作り方!型とタタラで簡単に作れるプレート

【手びねり】陶芸のプロが教えるメモスタンドの作り方・子どもから大人まで簡単に作れる手作り文房具

 

 

 

レクタングル大




レクタングル大




-陶芸初心者のコツ
-, ,

Copyright© 陶工房手嶋 大刀洗町 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.