簡単な削り方

手回しろくろを使った、簡単な削り方を紹介。

高台部分、足にあたる部分は削りだして作ります。

粘土が乾くタイミングを逃さないようにしましょう。

 

電動ろくろがあるなら、もっと早く削れます。

陶芸のプロが教える削り方・5分で使える湿台(シッタ)を作る方法

 

手回しろくろを使った簡単な削り方

 

電動ロクロを使うと早いのですが、せっかくの手びねりなので削りも手回しロクロでやりましょう。

カンナ・手回しろくろ・針を使いました。

 

自由な付け高台の付け方

 

簡単な削り方

ひっくり返して、ロクロにのせます。

この状態で少し早く回転させて、器をポンポンと手で叩いて中心に合わせましょう。

 

中心に合わせるための道具があります。

 

 

簡単な削り方

針で印をつけました。

高台幅の目安にします。

 

外側から削ります。

手ロクロを回しながら削りましょう。

固定していないので、電動ロクロみたいに回すと器が飛んでいきます。

 

慣れないうちは、器を手にとって厚みをみながら削りましょう。

 

中を削ります。穴が開かないようにしています。

練習をする方はどんどん穴をあけて、厚さを確認。

 

こちらも同じです。

一番下の地面に着く面が平らになるように気をつけましょう。

ガタつきがあったら修正してください。

 

この状態で取っ手をつければカップができます。

今回、カンナを使いましたが木ベラを使ってもいいですね。

高さを合わせる際にトースカンが便利です。