Amazon.co.jp ウィジェット

陶芸初心者のコツ

陶芸のプロが教えるバランスの良い急須を作るコツ

更新日:

バランスの良い急須を作るコツ

陶工房手嶋 手嶋秀樹です。

 

使いやすいバランスの良い急須を作るコツを紹介します。

 

 

バランスの良い急須を作るコツ

パーツを作って組み合わせて作ります。

本体、フタ、口、取っ手、茶こしです。

最近の急須では、茶こしやフタのないタイプもありますね。

 

パーツをバランスよく組み合わせると、取っ手で自立します。

立つことが素晴らしいという人もいます。

けれども立つかどうかは、形によるのであまり気にする必要はありません。

 

上の画像の急須は運よく立ちました。

 

急須の注ぎ口と取っ手の角度は80度

バランスの良い急須を作るコツ

上から見たときの、口と取っ手角度は90度よりも狭くします。

80度くらいが使いやすいです。

横から見たときの角度は、実際に手に持ちながら調節しましょう。

 

急須のフタのつまみの形

フタのツマミはつかみやすい形を心がけましょう。

釉薬をかけるとヘコミが埋まってしまいます。

くびれのあるツマミがおすすめです。

 

注がれるお茶は、後引きしてダラダラとなります。

使うときは、中のお茶を最後の一滴まで出すようにやっているので特に困ることはありません。

 

茶こしの穴あけに茶こしポンスを使う

茶こしですが、普通のポンスは使いません。

先が細くなっている「茶こしポンス」を使っています。

陶芸用品/茶こしポンス P82-301 径 2mm

 

茶こしポンスは真鍮(シンチュウ)製です。

一枚の薄い板をクルッと曲げたようなつくりです。

 

横から見たときに三角になっています。

できた茶こしの穴の断面も三角に近い形になります。

この形の穴のおかげでお茶の葉がつまりにくくなるのです。

 

注ぎ口へ流水を入れて洗うことで、お茶の葉がすぐにキレイになります。

バランスの良い急須を作るコツ

バランスの良い急須を作るコツ

使ってみると茶こしポンスの先に、粘土が詰まってきます。

中で詰まってしまうので針金を使って掃除しています。

 

穴をあけた茶こしを、本体にくっつけます。

 

普通のポンスはフタの穴あけに使います。

注ぎ口と、取っ手をくっつけて完成です。

 

陶芸のプロが教えるうまく見せるコツ・陶芸初心者からはじめる作りやすい作品

陶芸のプロが教える湯のみを作る方法・手びねり

面倒なフィルター掃除は不要!粘土の粉も無限に吸えるサイクロン掃除機を作る方法

 

 

 

レクタングル大




レクタングル大




-陶芸初心者のコツ
-, ,

Copyright© 陶工房手嶋 大刀洗町 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.