Amazon.co.jp ウィジェット

陶芸初心者のコツ

陶芸はなぜあんなに時間がかかるのか?「早くしろ!」「急げ!」と言いたい忙しい方へ・陶芸のプロが教える粘土の性質

更新日:


陶工房手嶋 手嶋秀樹です。

 

画像は温度計です。

陶芸教室は、自分の作品が焼き上がって受け取るまでに時間がかかります。

1ヶ月以上かかることもあります。

 

「せっかく作ったんだから早くもらいたい」

「なるべく早くしてください」

「早くしろ!」「急げ!」

と言いたい気持ちはわかります。

みんな忙しいです。

 

気持ちはわかりますが宅配便の荷物ではないので、なかなか急ぐことはできません。

陶芸は、なぜあんなに時間がかかるのか紹介します。

 

あわてると成功しません

なぜ時間がかかるのでしょうか?

包装や手続きに時間がかかるわけではありません。

 

理由は粘土の性質にあります。

やわらかい粘土は乾燥して固くなります。

常温の室内では、乾燥スピードはゆっくりです。

 

屋外で天日干しにすると、一気に乾燥します。

風も当たり、さらに乾燥しやすくなります。

 

粘土の種類にもよりますが、いきなり天日干しにすると大きくゆがみます。

また、ヒビの原因となります。

 

一部分が急激に乾燥することで起こる現象です。

削ったものは、ある程度乾燥が進んでから天日干しにします。

コーヒーカップの「とって」をくっつけてすぐに乾燥させると、折れやすいです。

 

作る手順

1日目:粘土で形を作る

2日目:削る

3日目:1週間以上乾燥させる

 

焼くまでに1週間以上かかります。

夏は気温が高いので、乾燥が早いです。

反対に冬はなかなか乾燥しません。

 

しっかりと乾燥させるところは、ハンドメイドのオーブン粘土(石塑粘土・せきそねんど)と同じですね。

 

天候にも左右されます。

雨の日は湿度が高く二日目になっても削れないことがあります。

 

急いで焼成すると

焼成です。

ガス窯を使っています。

私は、はじめに素焼きをしてから釉薬をつけて本焼きをします。

 

素焼きも本焼きも、温度はゆっくりと上げましょう。

1時間に100°cの速さです。

グラフに時間と温度を記録していきます。

 

なかなか思い通りに温度が上がらないと焦ってしまうものですが、落ち着いてやりましょう。

温度を上げるには、ガスバーナーの火を増やしたり空気やガスを調節します。

 

ここで温度を急いで上げてしまうと、中の作品が割れます。

粘土の性質で、熱で急激に膨らむ温度があるからです。

無理をするとヒビに原因になります。

 

焼いているときはガス窯のレンガが熱で膨らんで、「ゴッ」という重い音が聞こえることがあります。

レンガが割れてヒビが入るのは普通です。

 

「ヒビが入りますが問題ありません」

窯を購入したときに、しっかりと説明されました。

 

「レンガじゃなくて作品が割れたかな?」

購入するまえから知っていましたが、音には驚かされました。

売上アップを目指すなら楽天市場へのお申込みはこちら

窯がデカイ

窯はデカイです。

窯の中は家庭用冷蔵庫数個分は広いです。

 

焼くためには、中に作品を詰める必要があります。

スカスカだと炎の動きにかたよりがでます。

 

大きな窯元だと毎週焼くところもあるようです。

私は頻繁に焼くことができません。

 

陶芸教室に興味のある方は「どれくらいで受け取れるのか?」を調べることをオススメします。



 人気記事です!

ハンドメイドでネット副業!陶芸のプロが教える豆皿を作る方法・手びねり

冬のあかぎれはイヤ!乾燥肌の陶芸家が教える3つの乾燥対策

鳴海織部茶碗・鋸歯文

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レクタングル大




レクタングル大




-陶芸初心者のコツ
-, , , ,

Copyright© 陶工房手嶋 大刀洗町 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.