Amazon.co.jp ウィジェット

陶芸初心者のコツ

陶芸のプロが教えるご飯茶碗を作る方法・手びねり

更新日:

陶工房手嶋 手嶋秀樹です。

 

手びねりでご飯茶碗を作る方法を紹介します。

幅13cmの小さなご飯茶碗なので、ダイエット茶碗として使うことができます。(焼くと12cm)

丸い玉から作る玉作りです。

今回は300gで作ります。

普通サイズのご飯茶碗の場合は400gくらい必要です。

粘土の中に空気を閉じ込めないように、手のひらで叩いて丸くします。

手回しろくろにしっかりとくっつけます。

あまりベタッとつぶさないようにしましょう。

親指のハラで少しずつ穴をあけます。

ろくろを回しながら、ゆっくりとやります。

口がトガってきたら指で軽く押さえましょう。

 

底がでこぼこになったら、指でトントンと叩きます。

荒のばしです。

おおざっぱに延ばしていきます。

つけね部分をしっかりと延ばしましょう。

延ばす角度は中心から45度くらいです。

「すり鉢」をイメージします。

いちばん深い底はある程度広めにしています。

口は厚みを残しています。

本延ばしをしました。

どんどん薄くなってきます。

一周ずつゆっくりと延ばしていきます。

 

すぐに作れる粘土コテ

ご飯茶碗の底を丸くしたいので粘土と布を使ったコテを作ります。

 

木綿の布です。

適当な大きさの粘土を丸くしています。

布で包んで、ねじれば完成です。

粘土の代わりに砂を入れた、砂袋を使うことが多いです。

 

粘土コテで軽く叩きます。

左手のヒラで外側を支えながら叩きましょう。

 

強く叩くとあっという間に広がってしまいます。

弓で口をカットしました。

なめし革でキレイにします。


断面です。

粘土コテを使うと簡単に底を丸くすることができます。

また電動ろくろでもコテとして使えます。

 

「オリジナルのご飯茶碗」ぜひチャレンジしてみてください。

陶芸のプロが教える付け高台を付ける方法

ハンドメイドでネット副業!陶芸のプロが教える箸置きの作り方(レンコン)

陶芸のプロが教える湯のみを作る方法・手びねり

 

レクタングル大




レクタングル大




-陶芸初心者のコツ
-, , ,

Copyright© 陶工房手嶋 大刀洗町 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.