Amazon.co.jp ウィジェット

陶芸初心者のコツ

陶芸のプロが教える陶芸家になる方法・陶芸教室のやり方

更新日:

 

陶芸教室

陶芸家になりたい!

陶芸家になるには、まず陶芸教室を開くことをオススメします!

40代で陶芸家になりたい! なれます。

現在、会社員をしていて年齢が高いからとか、性別の違い経験が無いからという理由であきらめる必要はありません。

他人の反対意見は聞く必要がありません。夢が無さすぎます。

陶芸をやりたい想いが大切です。

作りたいものが決まっていれば、なお良いでしょう。作風や好みも変化するものなので、あまり気にすることはないです。

 

将来、陶芸家になりたいけれどやりかたがわからない」というあなたへ、陶芸家になる方法を紹介します。

(注意:既に有名な方、お金が有り余っている恵まれた方は、前のページへお戻りください。この記事を読んでも時間の無駄です)

 

陶芸家になるためになぜ陶芸教室なのか?

コーヒーカップとソーサーの作り方

まず、陶芸家の中でもプロと名乗るためには、陶芸で収入がないといけません。その収入だけでじゅうぶんな生活ができれば、凄いプロです。

そこで比較的簡単に収入になりやすいのが、陶芸教室です。陶芸体験も同じ内容ですね。

ひとに教えることができれば、上手くなります。それに教えることは楽しいです。

 

陶芸教室に効果のある宣伝方法と効果の無いチラシDM

それから陶芸教室の評判が良くなれば口コミが増え、宣伝にもなるでしょう。

宣伝は口コミが遥かに強力です! 良い悪い、どちらの口コミも強力に働きます。

宣伝の種類も様々です。声かけ、チラシDM(ダイレクトメール)ネット広告など。

 

でも広告を出したから、といってもすぐに効果は期待できません。

例えば広告のチラシを100枚配った結果、反応アリが3件くらいあればいいほうです。

 

「え……たったの3%でいいほう?」

「はい、有名でもない限り全く反応がないなんてこともあります」

 

 

ハガキのDMで考えてみましょう。よくポストに入っているハガキ広告です。

内容は手書きか印刷、手書きなら時間がかかります。印刷を業者に頼むなら安くて数千円かかるでしょう。紙の光沢とかブ厚さ、色や質感など豪華にするほど価格が高いです。

 

配達料金としてハガキ1枚が63円、それが100枚なので6300円。プラス印刷代で合計1万円とします。

お客さんが運良く3人集まったとして、1万円以上売上が出ないといけません。

陶芸教室なら設備費、作品を売るなら制作費がかかりますし、他にもいろいろとかかります。

 

宣伝は、よほど上手く仕掛けないと効果は出せません。

あなたの送ったDMも、あなた宛に届いた他社のDMと同様、ゴミ箱行きになった可能性が高いです。

これでは、いくら広告にお金を使えばいいのかわかりませんね。ネット広告も似たような感じです。

 

とりあえず「広告しますよ」みたいな電話、メールは全て断りましょう。無視です。

超高確率でお金をむしり取られますし時間の浪費です!

効果の無い広告にお金を使ってはいけません。

 

ギャラリーを養うために活動するアーティストたち

陶芸家と聞いてイメージしやすいのが、陶芸の展示会をしてお客さんに作品を買ってもらうことです。

個人のギャラリーや美術館、商店街の一部、駅とかもありますね。

ですが、展示会をやってもなかなか売れるものではありません

 

場合によっては売上よりも展示会場(ギャラリー)に支払うお金のほうが高くなり、赤字となることでしょう。

しかし、ギャラリーをわざわざ養うために活動しているアーティストは、全国にいらっしゃるようですね。

 

「展示会を開けば売れます」「知名度が増えて有名になります」「ここでやれば泊が付きます」

なんて甘い言葉は、ただの営業トークのひとつでしょう。

実際にやって売れなかった場合、なんの補償もありません。

 

日本では、海外のギャラリーのように無料のところはほとんどありません。

展示してくれたら報酬をくれるなんてケースは有名人くらいのものでしょう。

(いいな知名度の高さ)

 

また、デパートの企画でギャラリー代は無料、売上の何%差し引くという場合もあります。

勇気と捨ててもいいお金があるなら、ぜひどうぞお試しください展示会。

あと、どちらにしても持ち込む手間、交通費、場合によっては配達料金がかかります。それに展示会場に毎日通うのか、お店に頼めるのかでも費用は変わります。

 

それから簡単ではありませんが、お金のかからないネットショップがオススメです。

クリーマで販売中です

 

 

陶芸教室のやり方

陶芸教室のやり方ですが、必要なことがあります。

・陶芸を教える人

・陶芸を習う人

・陶芸をする場所

 

作るものによっては「もう粘土だけでもいいんじゃないの?」という場合もあります。

けれど、慣れるまで教える自信が付くまでは丁寧に。道具も最低限揃えた方がいいでしょう。

始める前に予算は多いほうが、ラクです。

 

陶芸の教え方を身につける方法

陶芸を覚えるために、やっぱり「プロの陶芸家に弟子入りを」といいたいところですが時間がとってもかかります。

人によっても教え方は違うようです。そもそも簡単に見つかりません。

よほど大きな陶芸家のところでないと給料なんて1円も出ないでしょうね。

 

陶芸学校は、お金と時間がかかります。学校といっても、基本しか習えません。私は、いったことがないのでわかりませんが。

覚えることは土練りとか電動ロクロの使い方、粘土の再生方法とかですが陶芸家になるために必須ではありません。

 

陶芸のプロでも電動ロクロ、または手ロクロを使わない方がいらっしゃいます。

土練りで空気を抜くのも専用の機械を使えば簡単にできます。小さなものを手びねりで作るなら、菊練りは必要ありません。

やらないことを決めることも大切です。全てをやる必要はありません。

 

オススメの方法は陶芸教室に通うことです。陶芸教室を体験しながら、教え方を身に付けます。

お金はかかりますが、目の前で見られるので覚えやすい方法です。必要なことだけを覚えたら、さっさと独立しましょう。

ただ、通う場所が遠いなど距離的な問題、金額の違いもありますね。(何故か、内容はほぼ同じなのに金額にくらい差があるところも)

 

陶芸教室もいろいろあってやり方、作り方はバラバラです。そもそも土練りを教えないところもあります。

何件か陶芸教室を見てみるのもいいでしょう。ネットで見たり電話、メールで問い合わせてみるのもいいかもしれません。

将来、陶芸家になりたいと相談すれば良いアイデアをくれるはずです。

 

もちろん私もご連絡頂ければ、お答えします。メールでも構いません。他の陶芸記事を読むのも良いでしょう。

土練りがわからなければ喜んでお教えします。(目の前で土練りを見ても、なかなかわかりませんが)

 

作り方、調合、焼き方など必要な知識は、だいたいに載っています。

陶芸のプロになれるおすすめの本7選!陶芸のプロが教える絶対に必要な技法書

 

陶芸のプロになれるおすすめの本!陶芸のプロが教えるお得な技法書

 

最近は「youtubeで陶芸の動画を観たけれど、実際に作ってみると全然違う……」という意見もありました。

簡単そうに見えますが実際にやると違います。それなりに難しいです。

動画はイメージをつかむのにはオススメですが、陶芸は上達しません。おそらく、動画のみで覚えようとすると100倍くらい時間がかかります。

 

「動画で独学で勉強して、自宅で陶芸を……」というやり方もいいとは思いますが途中であきらめる可能性特大です。

 

陶芸を習う方を集める

陶芸教室の評判が良ければ、自然と人は集まります。けれどもはじめの一歩が肝心。

知り合いでも、近所の方でも誰でもいいので呼びましょう。初めは、タダでも構いません。

できることをやって人を集めましょう。

 

一回でも人に教えれば、変わります。教わる人から、教える人に変わるんです!

教える回数が増えれば、慣れます。だんだん上手くなります。

生徒さん、お客さんのことを考えて行動しましょう。

 

うちの場合は、じゃらんに載せてから利用される方が増えました。

直接電話でご予約もあります。非常にありがたいです。

それから、現在読んで頂いているブログも宣伝になります。

 

陶芸をやる場所と道具

「青空の下でさわやかな陶芸を」やれたら素晴らしいことですが、その環境はちょっと陶芸に向いていませんよ。

外で陶芸をやると風や太陽光で粘土が乾いて、割れてきます。失敗の原因に。

陶芸は通常、屋内でやるものです。だから、暑い夏は陶芸に向かない季節ですね。凍りつくような真冬もちょっと……乾いていない作品が自然に割れますし。

 

必要な道具は粘土、容器に入った水、ろくろです。

それからタオル、スポンジ、なめし革、ヘラとか

丈夫な作業台に椅子、必要なら冷房・暖房、あと清潔なトイレも

 

工房も、喫茶店と併設にすれば喜ばれるかもしれません。衛生的にどうかと思いますけど。

 

いろいろあれば便利です。はじめは必要なものだけを用意しましょう。

陶芸で一番重要なのは、焼くことなんで陶芸窯を準備するのが大切です。

陶芸設備の中で、土地建物と並んでトップクラスに価格が高いのもですけどね。

 

住宅街に住んでいて、とにかくラクがしたいなら電気窯、電熱線じゃない炎で焼きたいのならガス窯です。見比べると表情が違います。

山なら本格的な薪の窯、野焼きもいいでしょう。

七輪陶芸なんてものもありますね。

 

ついでにいうと施設の賠償保険は入ったほうが安心です。陶芸教室でのケガの補償等。

予算と相談してください。

陶芸教室を自宅でやれるなら最高です。

 

あと、掃除は必ずやりましょう。汚いお店は潰れます。

 

陶芸教室にオススメな地域

マップ検索して近所に陶芸教室が無い地域はチャンスです。

陶芸をやりたいお客さんが多いかもしれません。

遠くへ通っている生徒さんを捉まえましょう! ぜひ、陶芸の素晴らしさをお伝えしましょう!

 

また、他の陶芸教室が近くても違う雰囲気、やり方でやれば成功するチャンスは必ずあるはずです。

例えば釉薬が自作なだけで、ずいぶんと差がつきますよ。焼き方や好みにもよりますが、安そうな感じのベタッとした器は、ひと目でわかります。

 

私の場合、会社員から陶芸家になったタイプです。

あきらめずに続ければ、願いは叶います。

あなたが成功しますように

 

【陶芸家に転職】陶芸のプロが教える陶芸教室の流れ

レクタングル大




レクタングル大




オススメする陶芸道具

-陶芸初心者のコツ
-

Copyright© 陶工房手嶋 大刀洗町 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.