Amazon.co.jp ウィジェット

日記

【梅干し】シソ(紫蘇)無し!南高梅を使った白梅干しの作り方

投稿日:

白梅干しの作り方

陶工房手嶋 手嶋秀樹です。

 

果肉のやわらかい南高梅でつくる梅干し。

紫蘇を使わないので、自然の梅の色が出せます。

塩分は20%でちょっとしょっぱい味。

 

塩分少なめにしたらカビたので、失敗しない作り方を目指しました。

 

 

【梅干し】シソ(紫蘇)無し!南高梅を使った白梅干しの作り方

 

目次

・大きめの南高梅を手に入れて追熟

・梅を塩漬けにする

・梅を天日に干す

 

 

 

大きめの南高梅を手に入れて追熟

 

梅干しを毎日1個食べる予定なら、10kgじゃ足りません。

南高梅の青梅は毎年5月ごろにお店にならびます。

3Lサイズ=直径4cmくらいです。ゴルフボール大。きい梅を買いましょう。

 

たまにある梅の表面の黒い点々が気になりますが、これは食べられます。

梅が無農薬の場合は、どうしても出るらしい。

5月になって、ネットで南高梅を探しましたが売り切ればかりでした!

 

白梅干しの作り方

 

白梅干しの作り方

梅は置いておくとしてオレンジ色に変化します。

このときは部屋いっぱいに梅の香りが広がってアロマのよう。

3日ほど置いていました。触るとやわらかい。

 

霧吹きを1日1回やって湿気を与えます。

たまに梅を裏返しましょう。

カビのある梅は、広がる前に取り除きます。

 

 

梅を塩漬けにする

 

塩分20%の梅干しの材料

・南高梅 10kg

・塩 2kg

・消毒用アルコールとしてお酒、焼酎など

 

 

白梅干しの作り方

熟れた梅は1時間くらい水につけます

ヘタは取らずにそのまま。

水から出して、ザルに上げます。

 

大きめのビンをアルコールやお湯で殺菌

わたしは霧吹きを使ってアルコールを吹きつけました。

 

梅と塩をビンに入れて、重しをのせます。

重しは、水を入れたビニール袋です。

3、4日で梅が隠れるくらいの水分が出てきます。これは梅酢になります。

 

梅酢は、ごはんを炊くときに入れたり、ドレッシングにアレンジ可。

梅酢が上がらないときは、塩を追加。梅酢の出かたが遅いとカビの原因に。

 

白梅干しの作り方

特に水面が低いときは、1日1回くらいビンをゆすってみる。

カビが生えている梅を見つけたら、すぐに取り除きましょう。

 

 

梅を天日に干す

 

白梅干しの作り方

白梅干しの作り方

5月に漬けて、梅雨。梅雨から梅雨明け。梅はずっと漬けたまま。

7月後半の土用から8月アタマまでが、梅を天日に干すのにちょうど良い時期です。

晴れが続く日を見計らってから干しましょう。

 

夏になると夕立が発生するので、晴れの天気予報が外れることもあります。

空の様子を見て判断してください。

夜も干したままにする人もいますが、私は雨が心配なので屋内に入れています。

 

 

白梅干しの作り方

虫はほとんど付きませんが、心配ならファスナー付きのカゴをつかいましょう。

梅を干すと、裏側に水分が出てきます。これが、ザルにべっとりとくっつきます

梅が破れないように、そっとはがしましょう。

 

干し始めて3時間くらいは、簡単にはがれます。

梅は時間が経つほどにくっつきます。

あらかじめ、ザルにクッキングペーパーを敷くことで、はがしやすくなるみたいです。

 

一度裏返した梅干し。下になった方は、またベタつきはじめます

梅は2日間、天日干しにしました。

 

白梅干しの作り方

白く見える点は塩の結晶。

干しあがった梅干しはビンに入れて常温保存しています。

梅干しは、これから数か月経ってからが食べごろ

 

ハチミツ漬けにする場合は、1週間で食べきれる量ごとに作っています。

作り方は簡単で、密閉容器に梅数個とハチミツを入れて、冷蔵庫へポイ。

しょっぱすぎと感じるなら、お湯につけて塩抜きします。

 

 

以前、塩分少なめのハチミツ梅干しを長期保存していたら、見事にカビが発生していました。

はじめて梅干し作りにチャレンジするなら、2kgくらいから始めるといいでしょう。

塩分も自由にできます。

 

個人的に100kgくらい欲しいところ。

紫蘇無しなので、少しラク。

よくわからない原材料を使わない梅干し、おすすめです!

 

【たい焼き】南部鉄器でパリパリのたい焼きを作るコツ

多すぎるドライブレコーダーの選び方!夏の暑さの故障対策

鉄板でおいしいたこ焼きを作るコツ!くっつかない焼き方

陶芸のプロが教える湯のみを作る方法・手びねり

レクタングル大




レクタングル大




-日記
-, ,

Copyright© 陶工房手嶋 大刀洗町 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.