Amazon.co.jp ウィジェット

陶芸初心者のコツ

【手びねり】陶芸のプロが教える花瓶の作り方

更新日:

花瓶の作り方

陶芸で花瓶の作り方を紹介します。花器とも呼びますね。

部屋に自然の花を飾って、こころ豊かな空間を演出しましょう!

紹介する作り方でトックリも作ることができます。

 

高さ15cmくらいの花瓶です。

背の高い花瓶を作るときは、少し重くして倒れないようにするといいでしょう。

花瓶の作り方

PezibearによるPixabayからの画像

 

【手びねり】陶芸のプロが教える花瓶の作り方

よく見る作り方は、ヒモ作りや円筒の型を使ったタタラ作りですね。

今回は、粘土の玉から作ります。

花瓶の水漏れが心配なら、目の細い粘土を使いましょう。

 

陶芸初心者の方は、背の高いコップが作れるようになればおそらく作れます。

 

花瓶の作り方

花瓶の作り方

とりあえず400gの粘土で作ってみます。

 

花瓶の作り方

粘土の玉にしたら、手ろくろの中心へ。

スタートの形は半球です。

 

花瓶の作り方

親指で穴をあけて、荒のばし。

底はギリギリまでうすくしています。5mmくらい。

付け根はうすくうすく。底の平らな部分は直径5cmくらい。

 

花瓶の作り方

どんどん背を高くしましょう。

手アトは気にしない。

口は、最後までペラペラにならないように気を付けます。

 

花瓶の作り方

指が底まで届かなくなります。

底がデコボコなら、早めにキレイに。爪あととかも。

 

花瓶の作り方

底が気になったのでコテでキレイにしました。

使う道具は、お好きなものでどうぞ。

底とか内側がギザギザのままだと、カビの原因になります。

 

柄ゴテ。大きい柄ゴテは朴の板から作りましたが、削るのが面倒です。

 

花瓶の作り方

広げないコツは湯のみを作る方法と同じやり方です。

広がらないように縮めながら、高さを出しましょう。

湯のみを作る方法

 

ちょっとずつ中から押して丸くしています。

 

花瓶の作り方

なんとなく花瓶の形です。

 

花瓶の作り方

形を整えながら上のほうを細くしています。

コテで中から押してあげたり。

これでよければ一応完成!

 

花瓶の作り方

もっと背を高くしたいので、弓で口を切りました。

ブレないように息を止めて切ります。

 

花瓶の作り方

粘土のヒモをのせる準備。厚みがあったほうが積みやすいです。

ヒモをのせるところはキズを入れます。

 

花瓶の作り方

机を拭いてからゴロゴロっと。

 

花瓶の作り方

一周ずつヒモを積んでいきます。高さがバラバラになったら、また切りましょう。

 

花瓶の作り方

しっかりとなじませましょう。ヒモの継ぎ目が残っていると、そこから割れたりします。

 

花瓶の作り方

さらに高くします。

 

花瓶の作り方

首の高い花瓶が好みなら、ヒモを何本もどうぞ。

ヒモ積んで、なじませて、のばして、整えての繰り返し。

 

花瓶の作り方

口がブレていますけど、気にしなくてもいいでしょう。

もっとくびれをつけてもいいです。

口の内径を1cm以下にすると一輪挿しになります。細すぎると使いにくい花瓶に。

 

花瓶の作り方

変化少なく面白くないので、ヒモを積んだ所を切り取りました。

 

花瓶の作り方

電動ろくろでパーツを作りました。

タタラとか手びねりとか、なんでもいいです。

 

花瓶の作り方

逆さにしてくっつけました。ベタベタの状態なので、よくくっつきます。

おそらく割れたりしないはず。

 

花瓶の作り方

口を開いた状態。

耳をつけてもいいのでは。

 

花瓶の作り方

粘土を張り付けて飾りに。ハンコで模様に。

ハンコは粘土で作ることができます。

凹凸があれば筆やドライバーなんかでも可。

 

花瓶の作り方

手びねりは作った後にすぐにつかんでも壊れないからいいですね。

底は、へこませます。これによりカタカタ動くのを防止。

すでに薄い底なので、削るのはフチくらい。

 

花瓶の作り方

とがっている部分が欠けそうな花瓶。押さえれば厚くできます。

ある程度の高さがあるほうがカッコイイ作品に! 幅と高さのバランスが大事ですね。

 

目の粗い粘土を使っているのなら、水漏れ防止剤とかがオススメです。

食器用とか、花瓶用があります。クサイです。

 

陶器の水漏れ対策

 

花瓶まで作れるようなら、急須も作れるでしょう。

レクタングル大




レクタングル大




オススメする陶芸道具

-陶芸初心者のコツ
-, ,

Copyright© 陶工房手嶋 大刀洗町 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.