Amazon.co.jp ウィジェット

陶芸初心者のコツ

陶器の取り扱い方法

更新日:

陶工房手嶋 手嶋秀樹です。

 

陶器の取り扱い方法を紹介します。

 

直火で使えますか?

土鍋でないものは直火では使えません。

また土鍋であっても、いきなり強火にすると割れる場合があります。

土瓶は直火で使えないものがあるようです。

 

電子レンジ・食洗機で使えますか?

電子レンジ、食洗機はオススメしません。

色あせ、割れの原因になります。

金銀の食器を電子レンジで使うと、火花がとび火災の原因になります。

 

茶渋を目立たせない方法は?

購入してからはじめに、米のとぎ汁と一緒に煮込むことです。

この方法も完全ではありません。使っているうちに茶渋はくっつきます。

茶渋はカビではなく、水の中のミネラル(金属)とお茶ポリフェノールが影響しているようです。

衛生的には問題ありません。

 

においやシミを防ぐ方法は?

毎回使う前に水を含ませます。その後、軽く拭いてから使います。

 

カビがついた!ニオイが気になる!

酸素系の漂白剤を使うとキレイになります。

 

机のキズを防ぐ方法は?

陶器の底はガサガサしているので、引きずらないようにします。

気になるときは砥石や紙ヤスリで磨きましょう。

口が欠けて気になるときも、磨くと良いでしょう。

 

割れてしまったら?

割れてしまったら欠片でケガをしないように気をつけましょう。

ガラス状に鋭くなっている場合があります。

 

保管方法は?

洗ったらしっかりと乾燥させてから食器棚に保管します。

陶器は水を吸っています。

乾燥しないとカビの原因になります。

 

その他

陶器を配送すると衝撃で割れる場合があります。

陶器によって、とても欠けやすいもの・キズがつきやすいものがあります。

 

気をつけることが多いのですが、個人的に私は電子レンジ、食洗機、欠けた器はそのまま使っています。

安全には気をつけて使っています。

陶芸のプロが教える陶器をキレイにする方法・器のニオイやカビの対策

 

 

 

 

 

 

レクタングル大




レクタングル大




-陶芸初心者のコツ

Copyright© 陶工房手嶋 大刀洗町 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.