Amazon.co.jp ウィジェット

陶芸初心者のコツ

陶芸のプロが教える湯のみを作るコツ・手びねり

更新日:

陶工房手嶋 手嶋秀樹です。

 

画像は手びねりの湯のみです。筒の形で口をつける部分が少し広がっています。

柔らかいうちは灰色に見えます。焼くと白くなる粘土です。美濃白土。

白く見える粒は石。

 

作るときは粘土を延ばすとか、ひねるといいます。手びねりで湯のみを作るコツを紹介します。

 



 

陶芸のプロが教える湯のみを作るコツ・手びねり

 

 

目次

・厚みに気をつける

・広がりすぎないようにする

・一段ずつ一周ずつ延ばす

・口の厚み

・削りのイメージ

 

 

厚みに気をつける

上の画像のように底に近い部分がうすいほど持ったときに軽く感じます。

ズシッとこなくて、使いやすいです。

 

陶芸の経験者から、こんな声をききます。

「陶芸教室で作ったけれどあんまり使わない」

「押入れに保管しています」

「どっかいった」

 

持ったときに重いことが原因のひとつ。

 

重心が下にくるほど重い。

この部分に気をつけるだけで、ずいぶん違った作品になること間違いないです。

せっかく作ったのに使わないのはもったいない!

 

 

広がりすぎないようにする

筒形に高く高く延ばすつもりでも自然と広がります。

上の画像だと鉢みたいな形です。小鉢ですね。

飯碗を作るときは45度くらいの角度で延ばしていきます。

 

親指と人差し指で粘土をはさみます。このときの角度が大事です。

手を寝かせるほど広がってきます。

力は軽く、一定のスピードで延ばします。

 

一度押した指跡に少し重なるように押しましょう。

 

 

また、広がったら両手で全体を縮めるようにしながら高く延ばします。

一気にやるとシワができます。少しづつ、少しづつ。1mmくらいの気持ちで。

手ろくろはチョコチョコ左回転。

 

縮めるのは慣れないと少し難しいです。

応用でトックリや急須ができます。

これができれば、かなり作りやすくなるでしょう。

 

うまくいくと、広がらず高くなって筒形になります。

 

 

一段ずつ一周ずつ延ばす

1cmごとに段があるイメージで1周のばします。

1周したら次の段へ進みましょう。

触ってみて厚いところがあれば、また1周延ばします。

 

いろんなところを適当に延ばすと厚みがバラバラに。

器の口の高さもバラバラになることがあります。

たまにろくろを素早く回転させるとゆがみ具合がよくわかります。

 

ゆがんでいるほどに左右にブレます。

途中で穴が開いてしまったら、練習のためにはじめからやってみましょう。

穴をふさいでもいいんですが、焼いたときにヒビの原因になります。

 

 

口の厚み

口に直接つける器は多いです。口当たりに気をつけるだけで、別物に化けます。

 

上の画像の3つは口の厚さが違います。

あまりに厚いと口当たりが悪いです。

陶器の場合、うすいと良い口当たりですが欠けやすくなります。

 

ちょうどいいところを見つけるには、実際に口を当ててみます。

このときに粘土が口につくので、うがいをしましょう。

 

削りのイメージ

底の外側を削ります。そして底を削りましょう。

作ったばかりのやわらか状態では削りません。少し乾かし、ひっくり返してから削ります。

 

削った後に取っ手をつけてカップにすることもできます。

高台をつけて背を高くしたり。

陶芸教室一日体験だと、削ってもらえる場合が多いですね。

 

手びねりで作るコツでした。

またくわしく手順を紹介します。

 

私は低いタイプの手回しろくろを使っています。

あまり背が高いろくろは手がダルくなります。

ステンレスだと錆びにくいです。

 

 

手びねりはこちらに詳しく書きました。

陶芸のプロが教える湯のみを作る方法・手びねり

陶芸のプロが教えるうまく見せるコツ・陶芸初心者からはじめる作りやすい作品

面倒なフィルター掃除は不要!粘土の粉も無限に吸えるサイクロン掃除機を作る方法

陶芸のプロが教える器のデザイン・簡単なデザイン方法と描き方

陶芸のプロが教える急須の作り方!本当にいいモノを見つける方法

【手びねり】陶芸のプロが教えるシンプルデザインのマグカップの作り方

【タタラ】陶芸のプロが教えるお皿の作り方!型とタタラで簡単に作れるプレート

 

レクタングル大




レクタングル大




-陶芸初心者のコツ
-,

Copyright© 陶工房手嶋 大刀洗町 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.