Amazon.co.jp ウィジェット

陶芸初心者のコツ

【手びねり】陶芸のプロが教える小鉢を作る方法・陶芸初心者からはじめる作りやすい作品

更新日:

手びねりで小鉢を作る

陶工房手嶋 手嶋秀樹です。

 

手びねりで小鉢を作る方法を紹介します。

小鉢は陶芸で作りやすいものの一つです。

作り方はごはん茶碗とほとんど同じなので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

 

手びねりで小鉢を作る方法

手びねりで小鉢を作る

ごはん茶碗と同じくらいの大きさに作ります。

400gの玉です。

 

粘土のカタマリから片手分を取ります。

慣れないうちは、重さの感覚がつかめません。

400gに合わせたいときは少し多めの500gくらい取って、量りながら余分な量をへらすやり方が良いでしょう。

 

手びねりで小鉢を作る

手ろくろの中心に粘土を置きます。

軽い力で叩いて、まんじゅうみたいな形に。

ろくろにしっかりと固定させます。

 

手びねりで小鉢を作る

親指で穴をあけつつ、ろくろを回していきます。

だんだん深くなるように押しましょう。

 

手びねりで小鉢を作る

親指と人差し指で荒のばしをします。

少し思い切ってのばしていきましょう。

 

手びねりで小鉢を作る

底のデコボコが気になるので、指先でトントンと叩いてならします。

ゆっくりとろくろを回しつつ叩きます。

 

手びねりで小鉢を作る

 

手びねりで小鉢を作る

荒のばしの次は、本のばしです。

45度の角度でのばしましょう。

 

だんだん背が高くなってきます。

口部分のヒビが目立ちますが、気にしません。

 

手びねりで小鉢を作る

直径の半分くらいが平らな底の鉢です。

 

手びねりで小鉢を作る

 

手びねりで小鉢を作る

口がガタガタしているので、弓でカットしました。

弓をつかむ手がぶれないように注意します。

 

手びねりで小鉢を作る

なめし革で口を整えました。

 

手びねりで小鉢を作る

ワイヤーでカットする前に、針で溝をつけています。

この溝にそってワイヤーが通るので、キレイな切り口になります。

 

手びねりで小鉢を作る

わかりやすいように真っ二つにしました。

同じくらいの厚みを保ちつつ、のびています。

 

手びねりで小鉢を作る

このラインにそって削るといいでしょう。

 

400gの粘土を使っています。

焼くと直径10cmくらいの鉢です。

もう少し大きめの鉢が使いやすそうです。

 

底の狭い鉢もカッコイイですが、立ち上がって広がりが大きくなるほど支えが効かなくなります。

この場合は腰の厚みを多めにとると良いでしょう。

 

暑い季節になると、粘土の乾くスピードが驚くほど早くなります。

横に粘土のカタマリを置いているときは、乾燥していないかどうかたまに見てあげてください。

 

「湯のみを作りたいと思っていたら、小鉢になっていた!!」

陶芸教室でのあるあるです。

ぜひ小鉢をねらって作りましょう!

 

 

 



 

陶芸のプロが教えるご飯茶碗を作る方法・手びねり

陶芸のプロが教える豆皿を作る方法・オススメの手びねり

陶芸のプロが教える湯のみを作る方法・手びねり

 

 

 

レクタングル大




レクタングル大




-陶芸初心者のコツ
-, ,

Copyright© 陶工房手嶋 大刀洗町 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.