Amazon.co.jp ウィジェット

陶芸初心者のコツ

陶芸のプロが教える作品の背をちょっとだけ高くする方法

投稿日:

高くする方法

陶芸で、作品の背をもっと高くしたいってことはありませんか?

陶芸作品の背を高くしたいときは、粘土を後から追加する方法が簡単です。粘土でヒモを作って、口の部分に乗せましょう。

 

はじめは玉作りからのヒモ追加。

全部ヒモ作りでやるよりも、キレイに完成させることができます。

電動ろくろでやる場合も使える方法です。

 

陶芸のプロが教える作品の背をちょっとだけ高くする方法

筒型のコップです。これをジョッキのように、背を高くしたいと思います。

 

口の高さがそろっていないときは、弓やナイフで切りとって合わせます。口が厚いほうが乗せやすいです。

 

ヒモを乗せるので、口にキズを入れましょう。

 

粘土をコロコロやってヒモを作ります。1回転以上させるとキレイな円筒に。

手や腕の重さで転がせば細くなります。

余計な力をかけると太さがバラバラになるので、時間をかけてゆっくりやりましょう。

 

机は濡れタオルや霧吹きで湿らせてから。

ヒモの太さですが、本体の口よりも厚めに作ります。

直径の3倍以上の長さのヒモが必要です。

 

陶芸体験の場合は「ヒモ作って」と先生に頼みましょう。

 

片手でねじりながらヒモを乗せます。ねじることで、繫がりが強くなります。

ヒモを2本、3本と足したいときはヒモを乗せる地点をずらしましょう。

 

高さを合わせるようにして、ヒモの残りはちぎりました。

すき間ができないように、軽く押し付けながらやりましょう。

コップの本体としっかりなじませます。

 

継ぎ目は消したほうが安全です。

本体が乾いて硬いときは、柔らかいヒモをこすりつける感じで。

 

継ぎ目が残っているとそこから割れて、外れることもあります。

 

継ぎ目が消えないときは、別の柔らかい粘土をつけたりヘラでならしたり。

 

口を整えて完成です。

もっと高くしたいときはヒモを追加で。

 

粘土のヒモをあらかじめ、何本か用意しておくといいでしょう。

ヒモは乾かないように濡れタオルに包んでおきます。

 

レクタングル大




レクタングル大




オススメする陶芸道具

-陶芸初心者のコツ
-

Copyright© 陶工房手嶋 大刀洗町 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.