Amazon.co.jp ウィジェット

陶芸

面白い形の器でおいしく頂く!織部向付・扇型

更新日:



陶工房手嶋 手嶋秀樹です。

 

 

扇が二枚重なったような織部向付です。

高台は3つ足です。

地につくのが三点だとバランスがよく、置いたときのガタつきがありません。

 

 

美濃陶磁歴史館と織部向付

 

美濃陶磁歴史館

むこうづけ:懐石料理で使うおかず入れです。飯・汁とともに置きます。

 

美濃の織部が有名です。400年前の桃山時代に作られた斬新なデザインの陶器。

織部向付は意外と小さくて、両手で覆えるサイズです。

岐阜県の美濃陶磁歴史館には、器の断面がわかる展示もあります。

 

また、本やネットで見た鳴海織部も見ることができました。

 

美濃陶磁歴史館

 

縁起のいい器

 

縁起のいい扇。めでたい席に。

結婚式に出席したときに、扇の器に料理が盛ってありました。

 

水玉もようはオシャレな感じがします。

大きさは両手に収まるくらいです。

 

普通は土型、素焼き型、石こう型を使います。

型を使うことで簡単に大量生産できるようですが、形を整えたりひずみがでないように気をつかいます。

 

やろうとすれば、型を使わずタタラだけでもできます。

 

 

 

型を使うと、面白い形が作りやすくなります。

 

画像の向付は一部、釉薬が煮えたように表面がカサカサになっています。

釉薬が厚すぎたり、温度が高すぎると起こるようです。

 

赤い色の刺身が映えます。

近所の馬刺しが有名ですね。

 

 

陶芸のプロが教えるうまく見せるコツ・陶芸初心者からはじめる作りやすい作品

陶芸のプロが教える湯のみを作る方法・手びねり

面倒なフィルター掃除は不要!粘土の粉も無限に吸えるサイクロン掃除機を作る方法

陶芸のプロが教える豆皿を作る方法・オススメの手びねり

【タタラ】陶芸のプロが教えるお皿の作り方!型とタタラで簡単に作れるプレート

陶芸のプロが教える箸置きの簡単な作り方!穴のあいたレンコン

 

 

 

レクタングル大




レクタングル大




-陶芸
-, , , ,

Copyright© 陶工房手嶋 大刀洗町 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.