Amazon.co.jp ウィジェット

陶芸初心者のコツ

粘土の型・皿

投稿日:

陶工房手嶋 手嶋秀樹です。

 

お皿の型です。

 

キレイな円形の場合はろくろで作れるので楽です。

楕円形の場合は手で削ります。

 

粘土の型なので、布を敷いてタタラをのせます。

型を素焼きすると、水分を吸ってはずしやすくなります。

 

底には取っ手をつけています。

これがないと片手で取り外すことができません。

型が薄くなることでヒビ割れや反りの防止になります。

土型とタタラの間に布をはさむと布の模様やシワがつきます。

 

タタラで作ると、焼いたスルメのように曲がってしまうことがあります。

重しや乾燥のスピード調整(ゆっくり)でうまくいくようです。

 

 

土型は削って修正ができます。

乾燥して縮むので少し大きめに作りましょう。

 

こちらの皿は型で作りました。

完成で厚みが7mmあるので

「洗うときに重い!」

「底に水がたまる!乾かない‼」60代 女性

という意見がありました。

レクタングル大




レクタングル大




-陶芸初心者のコツ

Copyright© 陶工房手嶋 大刀洗町 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.