Amazon.co.jp ウィジェット

日記

【1週間作り置きレシピ】大きなイワシで作る自家製オイルサーディン

投稿日:

オイルサーディンのレシピ

せっかく料理をするのなら、なるべく長く作り置きできるものがいい!

今回は。缶詰で食べるのが一般的なイワシを使ったオイルサーディンです。

栄養のある安いイワシをおいしくいただきましょう。

 

オイルサーディンのイメージですが低温のオイルで煮込むというやり方です。

温度は90度以下くらい。温度計は不要です。

火力が高すぎてパサパサな煮付けになるような失敗はありません。

 

オイルサーディンのレシピ

材料

イワシ8匹 2パック分 大きめのイワシの長さ20cmくらい

オリーブオイル 500ml

10パーセント濃度の塩水(水500mlなら塩50gです)

唐辛子 1本

ブラックペッパー 5、6粒

ローリエ 1枚

ローズマリー 10cm

 

作り方

①イワシをさばく

オイルサーディンのレシピ

イワシの頭と内臓をおおまかに切り落とします。

中をキレイにしながら流水で洗いましょう。

頭以外のウロコは取れてました。

 

②イワシを塩水に漬ける

オイルサーディンのレシピ

10パーセント濃度の塩水をつくってイワシを漬けます。

水500mlなら塩50gです。

ビニール袋に水を入れてから重さを測るといいでしょう。

塩水1時間以上漬けます。濃い味がいいなら2時間以上。

 

③オイルとスパイスとハーブを鍋へ

オイルサーディンのレシピ

お好みのハーブでいいかも。

家に生えてたハーブをちぎって入れました。

ローズマリーは肉や魚と相性がいいのでぜひ植えましょう。頻繁に使わないと伸びすぎてあとが大変ですが。

オリーブオイルの量イワシがつかるくらいです。少なければドバドバ足します。

 

④イワシを鍋に入れて沸騰させないよう煮る

オイルサーディンのレシピ

はじめは強火小さな泡が出てきたら火を止めましょう

高温になるとイワシフライになります。

 

⑤フライパンで鍋を湯煎にかける

オイルサーディンのレシピ

オイルが100度になるのを防ぐため、湯煎にかけます。

大き目のフライパンを使いました。

弱火で30分ほど煮ます。

 

⑥オイルでイワシを閉じ込める

オイルサーディンのレシピ

ジップロックがありましたので入れました。ビンも使えます。

イワシがオイルにつかっていれば冷蔵庫で1週間以上保存できます。

冷凍すればさらに長持ち。

 

オイルサーディンのレシピ

テストで作った魚用のお皿でいただきました。

オイルサーディンは、はじめて作りましたがオリーブオイルと塩の効いたいい味。

卵をもった大きめのマイワシだったので骨は口に残ります。

 

缶詰のオイルサーディンも手軽でべんりですが、手作りのオイルサーディンはいかがでしょうか。

レクタングル大




レクタングル大




-日記
-, ,

Copyright© 陶工房手嶋 大刀洗町 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.