Amazon.co.jp ウィジェット

陶芸初心者のコツ

ハンドメイド作品をイベントで販売する方法! 搬入・開催当日にやること

更新日:

陶工房手嶋 手嶋秀樹です。

 

販売イベントの開催当日について書きます。

 

お客さんを待たせるといけないので余裕をもって会場にいきましょう。

大きな街でのイベントの場合、渋滞も計算しておきます。

交通安全は大切です。

 

お客さんが会場に入るまで時間があると思います。

なにか忘れていないかチェックしましょう。

 

 

ハンドメイド作品をイベントで販売する方法!搬入・開催当日にやること

 

 

販売イベントに必要なもの

 

許可証(入場・駐車用)

掃除

作品の並び方・花生け

値札

包装

ショップカード

POPなど

 

什器ですが、意外と白っぽいホコリがついています。

濡れタオルで拭くだけでじゅうぶんキレイになります。

 

 

販売方法・計算について

接客方法ですが「コレをやれば必ず売れる」というものはありません。

自分に合った方法を試しましょう。

 

話すのが得意なら会話で売る

並べ方やPOPが上手いならお客さんの目にとまるようなしくみで売る

わからなければどちらもやってみましょう。

 

買ってくれるお客さんは作品を持ってきます。

値札に金額を表示していると思いますが、直接「○○○円です!」と伝えます。

 

ここで、お客さんの立場になって考えてみます。

店員の声がよく聞き取れなかったことはありませんか?

 

口で言うだけではうまく伝わらないこともあるので、電卓を使います。

スーパーで使うようなレジは用意できないので、代わりに大きな電卓です。

たったこれだけですが視覚聴覚から伝わるので、間違いとトラブルを避けることができます。

 

 

また、預かったお金とおつりですが正しく計算しましょう。

焦っていると簡単な計算も間違ってしまいます。

対策としては、電卓を使うことです。

 

あたまで暗算できる計算でも電卓を使う癖をつけておくと安心です。

 

商品の包装はしっかりと行います。

ショップカードや取扱い説明書も商品と一緒に渡します。

 

このときに、お客さんを待たせてしまうので芳名帳に名前・住所などを記載して頂きましょう。

この芳名帳の情報は、次回のイベントのお知らせやお礼状を贈るために使います。

 

 

並べ方について

お客さんが立ち止まってくれないと、しっかりと見てもらえない=売れにくい

人の多いところには、さらに人が集まります。

逆の場合は改善が必要かもしれません。

 

例)手の届く範囲に、マグカップを配置して実際に手に取ってもらう。

例)お皿を立てる。皿用の台座があると高いところに置いても見やすい。倒れないように注意。

 

作品を置ける範囲はそれほど広くはありません。

一番効果のある場所を考えて配置します。

 

並べ替えのタイミングですが、お客さんの少ない時間帯に行うと良いでしょう。

私の場合は、15時くらいの時間帯でした。

正午あたりの時間帯は、お客さんの人数が多かったです。

 

お客さんの人数などは、がんばって記録しておきましょう。

 

 

販売イベントについて

イベント中に一人で販売する場合、食事やトイレなどで席を外します。

このあいだ無人のお店ですが、お客さんがやっくることもあるでしょう。

そんなときに、近所のブースの方が代わりに接客してくれることがあります。

 

私も、前のブースの方に売り上げを預かってもらっていました。

ありがたいです。

無人でも売れることはあります!

 

私が不在のときに買っていただいた方へ

ご連絡いただけたらお礼の手紙をお贈りします。

 

まえもって近所のかたに挨拶しておくといいですね。

 

広い会場でのイベントの場合、数百のブースがあることも珍しくありません。

お客さんも数万人来場というところがあるでしょう。

けれども規模に関係なく、販売は「お客さんと店員」として一対一です。

 

実際にお客さんひとりひとりと話して、知ってもらうという良い機会だったと思います。

いろいろ学ぶことが多いイベントでした。

これからいろいろなところに出店してみたいと考えています。

 

車内のキズ防止と包装に大活躍したプチプチ。小さいサイズは便利ですが高い!

 

レクタングル大




レクタングル大




-陶芸初心者のコツ
-, , ,

Copyright© 陶工房手嶋 大刀洗町 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.