Amazon.co.jp ウィジェット

日記

ドリップコーヒーに便利な角ばっている器

更新日:

陶工房手嶋 手嶋秀樹です。

 

よくコーヒーを飲みます。

最近はドリップコーヒーばかり飲んでいます。



挽いたコーヒーをドリッパーに入れるんですが、このままだとこぼれます。

コーヒーを倍の量で飲むこともあります。

角があるなら、なんでも使えますが向付でやっています。

シリコンのハケは便利ですね。

粉がよく取れます。

真ん中に粉を落としたいので、慎重にしています。

フィルターは麻布です。

 

余っていた麻布(手作りシャツ用)で作ってもらいました。

画像はドリッパーとフィルターのサイズが合っていませんね。

以前は紙製のフィルターばかり使っていました。

紙臭い場合があるので一度お湯を通すと、ニオイが消えるようです。

布でこしても、おいしくいただけます。

お湯を注ぐのに普通のガラスポットを使っています。

口の長いポットがあれば便利そうですね。

まず30秒くらい蒸らします。

 

「お湯は回して入れる」のが常識ですが

まん中に注ぐだけで問題ないそうです。

最近はお湯の回し入れはしていません。

 

カップのなかにポタポタとコーヒーが落ちていきます。

ドリップコーヒーは入れ終えるときが大事です。

 

コーヒーが全部カップに落ちるまで待ってはいけません。

雑味が混じってせっかくの風味が悪くなります。

よく見てタイミングをはかりましょう。

できあがったら酸化する前に、急いで飲んでしまいます。

飲んでいると香りがよくわかりません。

コーヒーは挽いているときが、香りをもっとも強く感じます。

ミルの歯車を回すと細めと荒目の調節ができます。

 

使い終わった布フィルターは洗ったあとに冷凍庫で保管しています。

コーヒーの風味が強く出せる金属製のフィルターを使ってみたいです。

 

インスタントコーヒーに比べると、面倒なドリップコーヒーですがおいしいです。

ぜひオススメします。

レクタングル大




レクタングル大




-日記
-, , ,

Copyright© 陶工房手嶋 大刀洗町 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.